もも先生のお料理と時事問題

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカと中国が戦う羽目になった「朝鮮戦争」・・・北と南が対立していて、朝鮮が統一されない理由とは

<<   作成日時 : 2016/12/28 23:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 500 / トラックバック 0 / コメント 0





画像



2016年12月25日、中国海軍の訓練空母「遼寧」が、宮古海峡を抜けて、西太平洋に入るというニュースがあり、中国海軍のこの行動は明らかにトランプ氏をけん制したものだとも言われているようです。

艦隊は太平洋に出た後、台湾を一周して同島に向かっていたようで、中国側は今回の航行について定期演習とのみ説明し、詳細を明らかにしていないそうです。

中国とアメリカと言えば、1950年の朝鮮戦争の時、中国は北朝鮮に、アメリカは南朝鮮について、それぞれが戦う羽目になった経緯があります。

なぜ中国とアメリカが朝鮮戦争に巻き込まれたのかを考えてみると、色々なことが見えてくるかもしれません。







第二次世界大戦の終わり頃、1945年8月9日、日ソ中立条約を一方的に破棄したソ連軍は日本が統治していた満洲に侵攻し始め、8月24日には朝鮮半島にも侵攻しました。

この状況を受けてアメリカは、ソ連軍に朝鮮半島全体が掌握されることを防ぐために、ソ連に対して朝鮮半島の南北分割占領を提案しました。

ソ連はこの提案を受け入れ、その結果、9月8日にアメリカ軍は仁川に上陸して、アメリカ軍が南朝鮮を占領しました。

こうして、朝鮮半島は北緯38度線を境に北部をソ連軍に、南部をアメリカ軍に分割占領されることになりました。






第二次世界大戦中すでに、連合国側は戦後の分割統治の問題に触れており、1943年11月のカイロ宣言では、1910年から日本領となっていた朝鮮半島を大戦終結後は自由独立の国とすることを発表しており、1945年2月に開催されたヤルタ会談の極東秘密協定では米英中ソ四国による朝鮮の信託統治が合意されていました。

戦後、ソ連とアメリカが朝鮮半島をそれぞれ占領して、信託統治をし始めていた1945年12月、再び朝鮮半島をどうするかについて検討するために、連合国側のアメリカ・イギリス・ソ連の外務大臣が、モスクワでモスクワ三国外相会議を開きました。

画像


この会議を終えた1945年12月27日に、モスクワ協定が発表されました。

その内容は、まず朝鮮人による民主臨時政府を樹立して、その樹立のためにアメリカとソ連による共同委員会を設置し、その共同委員会との協議によって独立した統一国家を実現できるようにするというものでした。

普通に考えたら、民族が分断されるよりは統一された方がいいのではないかと思うところですが、この朝鮮半島の独立と統一を目指したモスクワ協定に対して反対したの人たちこそ、まさに朝鮮人自身でした。






ソ連軍による統治以降、北朝鮮では、金日成を中心とした北朝鮮共産党政権が組織されました。

一方で、アメリカ軍によって統治されていた南朝鮮では、右派グループと左派グループに分裂していました。

中でも右派グループは、大韓民国の初代大統領・李承晩(りしょうばん)を中心として、戦時中に中国で設立された大韓民国臨時政府のメンバーで組織されており、「反共右派」を掲げていたことなどから、アメリカ軍は右派グループに重きを置くようになっていきました。

このように北と南に分裂していて、なおかつ南にも右派と左派がある中で、米ソ共同で朝鮮半島の独立と統一を目指すモスクワ協定に反対したのは、李承晩を中心とする右派グループでした。

そして、朝鮮統一のために設立された米ソ共同委員会によって、その後も何度か会議が開かれたようですが、李承晩などが反信託運動とともに反共・反ソを激しく主張、ソ連はアメリカに李承晩らの排斥を訴え、アメリカは反信託よりも反共を重視しする中、この米ソ共同委員会による信託統治案は決裂していきました。






1946年、北朝鮮は金日成を中心とする政権が、南朝鮮では李承晩を中心とする政権が樹立されて、モスクワ協定に基づく朝鮮統一の動きは遠ざかっていきました。

そうした中で、北朝鮮の金日成は政府会議で、「祖国が統一されるまで、政治中央機構として、北朝鮮臨時人民委員会を構成することが急務である」と宣言しました。

さらに、北朝鮮を政治的・経済的・軍事的に強化し、その影響力によって北朝鮮主導の統一を実現することを目指す民主基地という路線も発表されたそうです。

一方で、南朝鮮の李承晩も或る演説で、「南朝鮮で単独政権を作った後、軍備を備えてから北伐を敢行するべきだ」と宣言しました。

このように、両者とも、政権を樹立して権力を掌握したら、武力で朝鮮半島を統一するということを言っていたのです。

そして、その後、1948年に韓国はアメリカに、1949年に北朝鮮はソ連に、それぞれがしきりに軍事援助を求め始めました。

ここで、疑問が浮かんでくるのではないでしょうか。

そんなに朝鮮半島を統一することが目標ならば、初めから米ソ共同による朝鮮半島の独立と統一に賛同すればいいのにもかかわらず、北と南で樹立された政権は「武力で統一する」と発言をして、軍事援助を求めていることから、ただ同然で軍事を貰うために内部争いをしていたのだろうか、そう思えるのはなぜでしょうか。






それから後、1950年1月12日にアメリカの国務長官が、「アメリカが責任を持つ防衛ラインは、フィリピン・沖縄・日本・アリューシャン列島までである」と発言しました。

この防衛ラインから韓国が除外されているので、韓国からアメリカが手を引くのだと受け取ったことを理由として、北朝鮮の金日成はソ連のスターリンから韓国攻撃の承認と、戦争中に継続して軍事支援を得るために、ソ連のスターリンを訪問しました。

そして、スターリンは金日成の要求に対して、アメリカ軍が介入した場合を予測して、中国共産党の承認と軍事支援を得るという条件を出しました。

次に、金日成は中国共産党の主席・毛沢東を訪問して、その承認を得ようとしました。

しかし、この頃、中国は国共内戦の末にようやく中華人民共和国を樹立したばかりだったので、北朝鮮の韓国攻撃に参戦する余裕などなかったそうで、毛沢東は当初は賛同しませんでした。

けれども、スターリンが賛同したと金日成がしきりに強調したようで、最終的に条件付きで承認を得ることができたそうです。

その中国共産党が、北朝鮮に出した条件とは、「われわれは鴨緑江(おうりょくこう)を軍を配置する。アメリカが干渉しても、38度線を越えなければ、われわれは干渉しない。しかし、アメリカが38度線を越えれば、必ず軍隊を送る」、というものでした。

その後、金日成は、中国共産党からは条件付き承認であったにもかかわらず、北と中国の親国であるソ連のスターリンには中国が全面的に支援をすると嘘をついて、スターリンから韓国攻撃の承認を得たのでした。



画像



1950年6月25日、北朝鮮軍は、韓国へ不意打ちの攻撃を開始しました。

これを受けてアメリカと国連の会議では、北朝鮮の攻撃を撃退して、南朝鮮の国際平和と安全を回復するために必要な援助を韓国に提供することが決まりました。

当時のアメリカのトルーマン大統領も、北朝鮮を38度線より北に押し返すのに必要な措置をとること、そして朝鮮での作戦は北と南の境界線の回復であることを宣言しました。

それからおよそ三か月後の1950年9月28日、アメリカ軍と韓国軍を含む国連軍は南朝鮮の首都ソウルを奪還し、北朝鮮を38度線より北へ追いやり、境界線を回復するという当初の目的は成し遂げられたので、この時点で朝鮮戦争は終わることはできたはずなのです。

にもかかわらず、10月1に韓国軍が38度線を越えて北朝鮮に侵入し、アメリカ軍・国連軍もその後に続いて38度線を越えて北進を開始したのでした。

そして、10月20日には北朝鮮の首都・平壌を占領して、10月26日にはその先頭を侵攻していた韓国軍が、主動くと北朝鮮の境にある鴨緑江にまで到達しました。

この韓国軍を先頭にした国連軍の38度線越えの軍事行動によって、中国が北朝鮮に出していた、「アメリカが38度線を越えれば、必ず軍隊を送る」の条件が満たされた状況となり、中国も軍を出さなければならなくなりました。

その結果、北朝鮮軍を追いやるという目的を三か月で終わっていたにもかかわらず、韓国軍がまるで中国軍の参戦を誘い込むかのように率先して北朝鮮に侵入したことで、中国軍が参戦しなければならなくなり、朝鮮戦争は1953年まで長引いたのでした。





韓国内に侵入していた北朝鮮軍を38度線より北に追いやったことで、韓国側の目的は達成されたはずです。

けれども、その後すぐに韓国軍が率先して北朝鮮に侵入しているという点から、韓国側は38度線を越えたら中国軍が介入してくることを知っていたと考えることができ、実際には韓国も北朝鮮と通じていて、戦争を長引かせようと考えていたのかもしれません。

なぜなら、平和な状態で相手から援助や支援を引き出すことは難しいでしょうし、逆に困っている状態の方がその支援要請をお願いする理由となるでしょうし、困っている状態ならば相手側もそれに乗るだろうと考えたはずだからです。

それはどういう意味かというと、北朝鮮はソ連と中国から、韓国はアメリカから軍事支援を引き出すために、わざと内部対立をお互いに作って、いつ相手が攻めてくるか分からない戦争状態であるという理由で、ただ同然で軍事支援を長期的に引き出す狙いが朝鮮半島のそれぞれにあったのではないかと考えることもできるかと思います。

事実、北朝鮮はソ連と中国が共産主義国であった頃、北朝鮮の軍備を増強したいからという理由で、ただ同然で両方から支援を引き出しています。

また南朝鮮の韓国も、またいつ北朝鮮が不意打ち攻撃してくるか分からないというので、朝鮮戦争の際に派遣されたアメリカ軍が戦後も引き続き駐在しているのが、在韓米軍です。

普通に思い付く泥棒の概念は、辞書にもあるように「他人の物を盗むこと」だと思いますが、北朝鮮は日本人を何人も拉致しており、言い方を変えると「人間を盗むという泥棒までしている国であるので、朝鮮戦争も偽装対立をしてまで軍備を盗むことを考えていたのなら、すでに一般的な泥棒の概念を越えた考え方であって、「手の込んだ大掛かりな詐欺」と言わなければならないでしょう。

さらに、最初に金日成が韓国攻撃の承認を親国・ソ連から得ようと、スターリンを訪問した時、スターリンは中国共産党からの承認と軍事支援の約束を得ることを条件として出しました。

その結果、金日成が中国の毛沢東を訪問した際には、中国側も「アメリカが38度線を越えれば、必ず軍隊を送る」という条件付きを出したもかかわらず、スターリンに報告するときにはその中国が出した条件を隠して、中国が全面的に賛同しているとして嘘の報告をしたことは、見逃せない点であるかと思います。

そして、北と南で樹立された政権は朝鮮半島を統一することを目標に掲げながら、”武力で統一する”と発言をして、軍事援助をソ連とアメリカに求めていたことから、米ソ共同による朝鮮半島の独立と統一に賛同するよりも、軍事支援を貰うためには内部争いをしていた方が得なのではないかと、北も南も考えたのかもしれません。

こうして、仮に北も南も軍事支援をただ同然でソ連・中国・アメリカから引き出すことが狙いで、世界に対して北と南の偽装対立を演出するために朝鮮戦争を起こしたのなら、泥棒するためなら戦争で偽装対立を作ることも厭わない考え方は「手の込んだ大掛かりな詐欺」であり、まさに全ての役を何人かで演技してお金を引き出す「オレオレ詐欺」と同様だと見なすことも、必要な見方・考え方であるかもしれません。

この戦争では日本は参戦してはいなけれども、当事者である朝鮮人、それに巻き込まれた中国人もアメリカ人も命を落としているのですから、朝鮮戦争が何だったのかを考えることは隣国である日本にとっては重要なことなのかもしれません。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。
気持玉数 : 500
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アメリカと中国が戦う羽目になった「朝鮮戦争」・・・北と南が対立していて、朝鮮が統一されない理由とは もも先生のお料理と時事問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる