もも先生のお料理と時事問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 「白村江の戦い」から分かるーパククネ氏の千年発言の意味と、朝鮮が昔も今も使用している謀略とは?!

<<   作成日時 : 2016/12/16 23:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 500 / トラックバック 0 / コメント 0





画像



朴槿恵(パククネ)氏は、就任直後の2013年に記念演説の中で、「加害者と被害者という歴史的立場は千年の歴史が流れても変わらない」と話されているところがありました。

これは一体どういう意味なのだろうか、1000年変わらないって、1000年前から何かあったのだろうか、と思うことがありました。

それを知るヒントの一つに、現在、中国問題の評論家である中国人の石平氏(せきへい)が書かれた「韓民族こそ歴史の加害者である」という本も参考になるのではないかと思います。

石平氏は1962年に中国で生まれた方で、1988年に日本に留学し、その留学中に中国の古き時代の隋・唐文化を守り発展させた日本文化に魅力を感じるようになったと言われており、現在は日本で日中関係・中国問題などを論じているようです。

中国の資料や朝鮮の資料もたくさん読まれているようで、中国の立場から見た時、1000年以上前の白村江の戦いや元寇、さらには日清戦争など、日本と中国との間で起きたことに朝鮮がどのように作用していたのかについて指摘しています。

なぜ日本やかつての倭国は唐や清と戦うことになったのか、これについてよく考えてみると、確かになぜなのかが曖昧で、その原因についても、あまり納得のいくことを知る機会はなかったのかもしれないと思います。

中国は日本の近くに位置する大国であり、朝鮮半島は日本海を挟んで日本のすぐ上に位置していることから、日本と中国と朝鮮との間で何が起きたのかについて知ることは、少なからず現代にも生かされるのでしょうか。

それを踏まえて、白村江の戦いについて、ちょっと見てみたいと思います。






〇白村江の戦い〇


  
西暦663年8月27日から28日にかけて、朝鮮半島西海岸の白村江において、唐・新羅連合軍と倭国・百済復興軍との間で、唐白村江の戦いが繰り広げられました。

一体、なぜ倭国は新羅・唐の連合軍と戦うことになったのか、そして新羅はなぜ唐と連合したのかと疑問を抱いて考えてみる時、今に繋がるヒントが得られるかもしれません。


画像



この頃、朝鮮半島は、高句麗・百済・新羅に分かれていました。

百済で義慈王(在位641〜660)が即位すると、直ちに毎年のごとく隣国の新羅に軍隊を派遣して、侵攻し始めたので、新羅はたまらず唐に使者を派遣して、援軍を求めました。

しかし、当初、唐は新羅の求めには乗りませんでした。

なぜなら、前王朝の隋の頃に度々侵略されていた高句麗に4度も遠征を繰り返しながら、ついにこれを屈服させることができなかったこと、また隋の後を継いだ唐の第2代皇帝太宗も、645年自ら親征したけれども高句麗を屈服させることはできなかったことから、唐の第2代皇帝は649年に高句麗討伐の戦役をやめさせるよう遺言して亡くなっていたからでした。

その後も、654年に、百済は高句麗と連携してしばしば新羅の国境を侵したため、新羅の武烈王はしきりに唐へ援軍を要請する使者を送り続けていました。

ついに、唐の第3代皇帝高宗は、当時、百済の体制が弱体化していることに注目し、初めから高句麗を狙うのではなく、まず百済を討って、そこを足掛かりとして高句麗を滅ぼすという戦略に方針を変えました。

そこで、新羅の要請を受け入れて、唐と新羅は連合軍を結び、660年3月、百済征討を行いました。

そして、西暦660年、百済は各地の城を唐・新羅連合軍によって陥落され、捕らえられた国王の義慈王は長安に連行され、百済は滅亡しました。

まず、たまりかねたにせよ、なぜ新羅は唐に援軍を求めて、自分たちで戦おうとしなかったのか、という疑問が浮かびます。

朝鮮半島内で内輪揉めが起きた時に、外国勢力の助力を求める方法をとっているのは、自分よりも強い相手を味方に引き込んで、代わりに戦ってもらうことで、勝てばそれに乗じて半島統一を目論んでいたのかもしれません。





一方で、倭国の大和朝廷が、同盟関係にあった百済の滅亡を知ったのは、660年9月5日で、百済から派遣されてきた急使によって知らされたと言われています。

さらには、同じ年の10月に、百済の豪族で武将であった鬼室福信(きしつふくしん)が使者を倭国に派遣して、「確かに唐・新羅連合軍によって陥落させられたけれども、百済全土が平定されたわけではなく、各地で百済復興軍が蜂起していて、唐・新羅連合軍に奪われた地方の城を奪還しつつあります。」、と伝えてきました。

そして、「ですから、唐・新羅連合軍を完全に追い出すために、倭の援軍を派遣してほしい。さらには人質として倭国に滞在している余豊璋(よほうしょう:百済の王子)を帰国させてほしい。」、と願い出てきました。

百済復興軍が優勢に戦局を戦っているというけれども、その使節がもたらす情報を鵜呑みにしていいのだろうか、と大和朝廷内では話し合いがなされたのではないでしょうか。

なぜなら、仮に援軍を派遣したことで大国・唐から敵国と見なされた場合、唐の水軍が倭国を攻めてくるかもしれないと考えたでしょうし、いずれにせよ、その情報が正しいかどうか証拠は明確ではないのですから、鵜呑みにするべきではなかったのかもしれません。




画像


結局、当時の大和朝廷の実力者であった中大兄皇子(のちの天智天皇)は、唐の圧力が日本にまで及ぶのではないかと懸念し、百済へ援軍を送ることを決意、661年8月には百済へ援軍と救援物資と武器・食糧が運ばれました。

翌年の662年には、余豊璋を百済へ送還し、さらに増強させた兵力も送り込むと、倭国・百済復興軍の連合軍と新羅・唐の連合軍による海戦となりました。
 
しかし、663年に、実権を握っていた将軍・鬼室福信と王である余豊璋との間で亀裂ができたようで、ついに豊璋が福信を殺害して仲間割れのような状態になると、これを機に百済復興軍を壊滅させようと、唐と新羅の連合軍は百済に迫りました。

その結果、日本・百済連合軍は敗北が濃厚になり、百済の王子・余豊璋は先に高句麗に逃げてしまい、これによってついに百済は歴史から姿を消しました。

ここにおいては、百済はすでに660年に滅んでいたにもかかわらず、なぜ百済は倭国に援軍を求めたのかという疑問が残ります。

百済は負けを認めたくなかったのか、新羅が唐を味方につけて戦っているように、自分たちより強い国を味方につけて戦うという方法をとるために、もしかしたら真実ではない情報を大和政権に伝えて、倭国の援軍を送らなければならないと焚き付けたのかもしれません。

画像


倭国は、かつて新羅に存在していた任那政府を復興させたいという意図があったにせよ、百済が困っているからと言って朝鮮の内輪揉めに巻き込まれ、新羅と百済の代理戦争のように大国・唐と倭国が戦う羽目になりました。

その結果、たくさんの人々が亡くなっているのですから、他人の喧嘩の仲裁に入ることは気をつけなければならないという言葉がありますが、本当なんだなと思わされる話です。





この他、大和政権が百済からの要請で行ったことは、援軍を送っただけではありません。

百済難民たちの受け入れを許可し、三年間にわたって生活を保護したそうで、さらには百済王族や家臣らには官位を授与するなど、その待遇は決して悪くはなかったと言われています。

そして、一番疑問であることが、大和政権は新羅・唐の連合軍が日本に攻め込んできた場合に備えると称して、百済軍が長い城壁の水城(みずき)や朝鮮式山城を西日本各地に築城することを認め、土木工事を実地していることです。

そこに、常駐の軍隊である防人(さきもり)を配置して、国をあげての防衛に努めるためだったと言われていますが、この朝鮮式山城は今も跡が残っており、防衛するにはさほど意味のないところにできていると捉えることができるので、防衛が本当の狙いだと決めつけることはできかねると思います。

さらには、倭国の多くの人々は反対だったそうですが、唐からの脅威が迫っているとして、都を飛鳥から近江京へ強引に遷都していることも、疑問に思います。

なぜなら、唐が滅ぼしたかった敵は高句麗であって、唐はすでに倭国と和睦を結びたかったこともあり、事実、唐が日本に攻め込んでくることはなかったからです。

ですから、もうすでに国が滅んで居場所を失っていた百済難民が、倭国で居場所を確保するために、唐の脅威が迫っていると大和政権を騙して、朝鮮式山城などの土木事業を駆り立てたのかもしれません。

でも逆に、助けなかった場合でも、それを利用して、ひどい扱いを受けたと被害者を装う可能性もあるのでしょうから、大和政権が騙されたにしても、仮に騙されたことに気づいていたにしても、百済難民に官位や土木事業を与えて管理下に置いて優遇したことは、大和政権の賢明な判断だったと言える部分もあるのかもしれません。





いずれにせよ、その後の歴史もそうですが、朝鮮半島は内輪揉めが起きると、自分たちでどうにかするのではなく、強い国を背景につけて、代わりに戦ってもらうという方法をいつもとっているようです。

それに巻き込まれた結果、新羅と百済の内輪揉めの代わりに、唐と倭国が戦う羽目になったことは、見逃せない事実であるので、現代の日本と中国における問題ももしかしたら・・・

鎌倉時代に起きた元寇についても、元の皇帝・フビライハンは日本に侵攻するつもりはなかったけれども、高麗は強い元を味方につけて、日本を襲えば、日本を侵略できるのではないかと考えて、元をそそのかしたと言われていますが、その続きはまた・・・






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。
気持玉数 : 500
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「白村江の戦い」から分かるーパククネ氏の千年発言の意味と、朝鮮が昔も今も使用している謀略とは?! もも先生のお料理と時事問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる