もも先生のお料理と時事問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 81年前の二二六事件・・・、そして辺見マリさんの洗脳騒動、その最終段階「囲い込み」とは!?

<<   作成日時 : 2017/02/27 23:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 500 / トラックバック 0 / コメント 0







画像



30年ぶりの大雪に見舞われた昭和11年2月26日未明、陸軍青年将校の一部が1400人ほどの下士官兵を率いて、首相官邸・警視庁などを襲い、重臣たちを殺害。

4日にわたり、永田町一帯を含む日本の政治の中枢部を占拠しました。

これが、二二六事件です。

午前五時より、複数の部隊が一斉に各所を襲いました。

内閣総理大臣・岡田啓介の首相官邸、大蔵大臣・高橋是清の私邸、内大臣・斎藤実の私邸を襲撃し殺害、宮内庁侍従長・鈴木貫太郎の私邸を襲撃し重傷を負わせました。

しかし、岡田啓介内閣総理大臣の首相官邸を襲撃した際には、青年将校が襲撃したのは岡田首相ではない別人だったそうで、岡田首相は無傷のまま押し入れの中に身を潜めていたと言われています。

この他、以前から皇道派と対立していたという統制派の中心人物、陸軍教育総監・渡辺錠太郎の私邸が襲われました。

この頃、陸軍は、天皇を中心として新しい政治を行おうとする「皇道派」と、財閥や官僚と結んで今の体制を維持しようとする「統制派」の二つの派閥に分かれていたと言われています。

この二二六事件を起した青年将校らは、「皇道派」でした。

青年将校らに率いられていた下士官兵らは、入営して間もない人がほとんどだったようで、彼らは「野外演習だ」と聞かされており、さらには「上官の命令が即ち朕の命令と心得よ」とも言われていたそうで、それが嘘とは知らずにその通りに行動をとっていたということになるのかと思います。

26日午前6時半ころ、青年将校らは占拠した陸軍省に集まり、川島陸軍大臣の前で「蹶起趣意書(けっきしゅいしょ)」を読み上げました。

その内容は、「自分たちに好意的な真崎大将を中心として、天皇自らが政治を行う天皇親政の新しい政府を打ち立てる」というものでした。

26日午前9時、川島陸相が皇居を参内し、昭和天皇に謁見して、「蹶起趣意書」 を昭和天皇に読み上げようとしました。

この時、川島陸相はこのような事件が起きたのは、現内閣が民意に沿わないからとして、新しい内閣を早く作らなければならないと述べたとされています。

しかし、昭和天皇は、「陸軍大臣はそういうことまで言わないでもよかろう。なにゆえ、そのようなものを読み聞かせるのか。それより反乱軍を速やかに鎮圧する方法を講ずるのが先決要件ではないか。」、と答えたと言われています。

27日午前3時、宮中で開かれていた枢密院会議で、東京全市に戒厳令が公布されました。

27日午前8時、昭和天皇は奉勅命令を親裁し、その内容は反乱軍兵士に対して速やかに原隊復帰を促すものであり、これにそむく者は逆賊とみなすというものでした。

天皇に対して軍事に関する奏上の伝達に当たっていた本庄侍従武官は、昭和天皇に拝謁した際に、「彼らの行為は陛下の軍隊を勝手に動かしたのであって、許すことはできないものですが、その精神には君国を思うものですから、必ずしも咎めるべきではないと思います。」、と述べたと言われています。

これに対して、昭和天皇は、「朕が股肱の老臣を殺戮す、此の如き凶暴の将校ら、その精神に於ても何の恕す(ゆるす)べきものありや。」と答え、さらには「朕が最も信頼せる老臣を悉く倒すは、真綿にて朕が首を締むるに等しき行為なり。」、と述べられたそうです。

そして、この日、昭和天皇は、「朕自ら近衛師団を率いて、此れが鎮定に当たらん」、と反乱将校の徹底鎮圧を指示。

事件から4日目、29日、「謹んで勅命に従え」や「武器を捨て、我が方に来れ」という文字が書かれた戦車の車体が出たり、空から降伏勧告のビラが撒かれたり、アドバルーンが上げられたそうです。

すると、青年将校らが次々に帰順を表明して、兵が原隊に帰し始め、反乱将校たちは陸相官邸に集まり、抗戦を主張し自殺未遂をはかった安藤大尉一名を除いて全員が集合し、鎮圧されたそうです。



皇道派と称している青年将校らが、なぜこのような行動に至ったかは、疑問が残ります。

自分たちが思う理想的な国家を作りたかったからといって、相手としっかり話し合いをすることなく、人を殺してそれを成し遂げようという精神は行き過ぎであり、もしかしたら彼らのマインドはコントロールされていたのかもしれない・・・そう思う歴史の事件でした。







さて、そのマインドコントロールについて、現代ではそれを用いた事件はたくさんあると思いますが、前回からの続きで辺見マリさんが洗脳された件について、その最後の段階「囲い込み」を見てみたいと思います。

画像


ーこれまでの話ー

離婚後、辺見マリさんは芸能界に復帰して、悩みをもっていた時に、男性マネージャーから「拝み屋」と称するKという人物を紹介され、或る時、都内のホテルでKと会うことになりました。

そして、家族連れで来ていたKは、黙って否定せずに悩みを聞いてくれなどの「安心」させるテクニックによって、辺見マリさんは次第に「安心」して、頻繁に相談するようになっていきました。

最初はお金を要求してこなかったけれども、辺見マリさんしか知らない身辺のことを次々に予言したことなどから、辺見マリさんは「驚き」を感じ、Kを信じるようになっていき、Kに引き込まれていった辺見マリさんは「厄払い料」としてお金をKに支払うようになっていきました。

なぜ家族の事情を知っていたのかについては、元マネージャーが情報を流していたのではということで、偵察や情報集のために最初に送り込まれたのが男性マネージャーとも言われています。

次第にKは、「このままだと身内に不幸が起きる」と言って、辺見マリさんの家族に振りかかかる災いを祓うという名目で金銭を要求し始めました。

辺見マリさんがKに頻繁に相談するようになっていた頃、Kが九州で会ったというA一家の4人(A、Aの兄、Aの子供、Aの兄、Aの母)が東京に出てきて、ホテル住まいを始めました。

そして、K一家(K、Kの夫、Kの子供)は都内のホテル住まいを止めて、辺見マリさんの男性マネージャーのアパートに入り込み、そこで共同生活をするようになりました。

最初は修行にも興味がなかったけれども、仲間外れにされたことで次第に中の人が「羨ましい」、その中に入れないのは「悔しい」と思うようになり、そうした「嫉妬」という気持ちや感情が出てきて、ついに自分から「修業をやらせて下さい」と言うようになったそうです。

Kたちによって「嫉妬」という気持ちをつけられた、或はそうした気持ちを揺さぶられたことで、自分から修行をやらせて下さい」と言うようになり、それ以降、どんな無茶な要求や修行にも応じるようになっていったそうです。






「安心」「驚き」「嫉妬」のプロセスを経て、完全に「囲い込む」ために、まずKからの指示によって辺見マリさんは芸能界を引退させられました。

辺見さんの場合なら仕事を辞めさせることで、社会との断絶ができ、騙す人だけで完全に囲い込むことができるという効果があるようです。

こうすることで、辺見さんにとって、全ての価値基準をKだけに従う環境を作られていきました。

このように、「囲い込み」をされて、完全にコントロールできる体制が取られていたのですが、この時、辺見マリさんは自宅から修行部屋に通って、修行部屋からは毎日自宅に戻っており、そして自宅では家族と会話もしていたそうです。

当時の辺見マリさんは、洗脳とは普通の生活が送れなくなることと考えていたので、こうした状況でありながらも、家族との生活をしているから、私は大丈夫だと思っていたのだそうです。

ですから、この時、誰かに洗脳されているよと言われたら、怒るほどであったそうで、自分は洗脳されていないと思っていたけれども、マインドコントロールされていました。

この時点で、最初にKに会ってから半年経っているようで、この半年の間で拝み屋Kからおよそ一千万円を取られたのだそうです。






芸能界を引退させられ、完全に囲い込まれた辺見マリさんは、Kの下でさらに修行を行っていました。

或る時、いつものように修行をしていると、Kが「神様の声が聞こえなくなった」と言ったそうで、Kはすさまじく狼狽したのだそうです。

Kだけがその声を聞くことができるとされていたそうで、これまで辺見マリさんやA一家や男性マネージャーはKの指示取りに動いていたのだそうです。

画像


すると、K一家のK、Kの夫、Kの子が突然失踪し、その後二度と戻っては来なかったそうです。






それまでK一家は、辺見マリさんの男性マネージャーのアパートで一緒に住んでいたのですが、K一家が失踪したことで、ホテル住まいをしていたA一家は男性マネージャーと新たな住まいで一緒に暮らし始めました。

その新たな住まいを借りる費用は辺見マリさんが出しだそうです。

画像


それからは、その新たなアパートが修行部屋となり、そこに毎日辺見マリさんは通っていたのだそうです。

そして、その部屋で辺見マリさんらは、Kに教えてもらっていた修行を再開し始めました。

再開してからおよそ一か月後、A一家の中心人物・女性Aが神の声が聞こえ始めたと言い出し、そして新たに女性Aがリーダーとなり、それ以降、女性Aが辺見マリさんらに指示を出すようになりました。

リーダーとなった女性Aは、まず男性マネージャーを新たなアパートから追放することを指示しました。

男性マネージャーも騙す仲間だったでしょうが、なぜ男性マネージャーを追放したのでしょうか。

最初の段階からお金を取ることを考えていたのでしょうから、居場所を辿れそうな人物を辺見マリさんから引き離すことで、もしも辺見マリさんにバレた時に、男性マネージャーが怪しいと思って追求させないために、早い段階で関わりを絶たせたのかなとも思いました。






次に、女性Aは神様の声が聞こえたと言って、辺見マリさんに「お金を捨てなさい」と指示しました。

どのようにしてお金を捨てさせたかというと、女性Aは辺見マリさんに神からの声だとして、ギャンブルをしにマカオに行きなさいと指示し、マカオのカジノで負けて捨てろと指示したそうです。

そして、Aの言う通りに、辺見マリさんはAと一緒にマカオにカジノをしに行きました。

この後もこれ同じ様に、ギャンブルで4億9千万年を取られていったのだそうです。

最初にカジノでお金を捨てるために、辺見マリさんがAに出したお金は500万円でした。

このギャンブル旅行のルールは、@勝負するのはいつもバカラ。A飛行機代、ホテル代、飲食代、全て辺見マリさんが払う。B2〜3日、寝ないでギャンブルをやってもOK。CギャンブルをするのはAだけ。

辺見マリさんは一度もギャンブルをしなかったそうで、Aが寝ないでやっているギャンブルの勝ち負けの流れをひたすら記録していたのだそうです。

自分が働いて貯めた大切なお金が目の前で無くなっているにもかかわらず、このお金を捨てて浄化させることによって、また絶対に指示があって、今度は良いことがあるんじゃないかと思っていたそう。

その後、頻繁にマカオに行くようになり、一か月で3〜4回もマカオに行くこともあったそうで、Aに渡す金額も次第に増えていき、一回に1000万から2000万も要求されるようになったのだそうです。

最終的にマカオに行った回数は、25、6回も行ったようで、パスポートがマカオのハンコで埋まるほどだったとか。

Aはバカラで全敗したそうですが、辺見マリさん曰く、今考えると、負けたふりをして、お金を隠していたのかもしれないと言います。

辺見さんはカジノについて知らなかったので、どのくらいの金額をチップに変えているのかもわからないし、負けたフリをして隠れてチップを換金したりとか、渡したお金をそのままどこかに隠したのかもしれないと言います。






こうして、大金を渡し続けた結果、家族を養うための大切な貯金が底をついていきました。

それでも、必死にお金を工面するために、生命保険を解約したり、宝石や貴金属を全て売ったそうですが、そのお金も全てギャンブルに使われたそうです。

ここまでで、AとKに取られた4億9千万のうち、Aに取られたのは1億4千万で、ここからさらにその倍以上の3億5千万円をAに取られていきました。

貯金が無くなったから、この人からは取るものがないと考えて逃げるどころか、Aはさらに辺見マリさんからお金を取るための新たな方法を指示しました。

神様をお迎えするお社を建てるから、借金をしなさいと辺見マリさんに言いました。

しかし、お社を建てるには莫大なお金が必要ですから、借金をするだけでは足りないので、Aは「借金したお金をギャンブルで増やすためにラスベガスにも行きなさい」と指示したそうです。

辺見マリさんに貯金が全くない状態で、Aは一回につき2000万も要求してきたそうで、ついに辺見さんは銀行などを回って借金してしまったそうです。

しかし、この借金したお金でかけたギャンブルも、マカオやラスベガスで全敗し、消えていきました。

こうしているうちに、ついにAは辺見さんに家で修行をして待っていてくださいと言われて、Aが単独でラスベガスに行くようになり、辺見さんは2000万円を送ったこともあったとか。

そして、辺見マリさんをAの兄が見張っているので、もししていないことがあると、あなたがそんなことをしたから負けたのよと言われたそうです。

こうした中で、辺見マリさんんはどのように生活をしていたのかというと、借りてきたお金をAに渡すと、一応、生活費をくれるのですが、辺見マリさん本人は生活が様変わりしても、家族には変えさせない程度の金額をくれていたのだそうです。

このように、人を洗脳して騙す側からすれば、借金しても払い続け、手数料ゼロでいくらでもお金を引き出せる無限ATMにするのが狙いだったと辺見マリさんは言っています。

画像


しかし、ここまで来るにはすぐにコントロールできるようなったのではなく、最初はお金を取らずに、辺見さんの警戒心を弱めて、完全にコントロールできるようになるまでゆっくり時間をかけているのです。






Aに渡すお金ももうないし、借金をしすぎて銀行は貸してくれない状況の中で、さらにお金を工面するために、家族の反対する声を押し切って自宅を売却しました。

そして、自宅を売却して入ってきたお金で賃貸に変えたけれども、その残りのお金もAのギャンブルによって一瞬で消えていきました。

時々は、これってもしかして神様ゴッコなんじゃないかと思って、もう終わりにしようとAに言うのだけれども、辺見マリさんの弱みに付け込んで上手に丸め込んでいったのだそうです。

そして、お金を借りるために、知人を片っ端から尋ねたけれども、借りることはできず、こうしてどこにも借金を出来なくなった辺見さんは、ついに娘の辺見えみりさんのギャラに手を出したのだそうです。

この時点で、3億5000万円をAに取られ、ここからさらに1億4千万円を取られていきました。






借金まみれの状況で、ご飯のおかずに大盛りのナポリタンを食べさせられていたそうで、とにかく修行の場では食べる量が多くて、炭水化物と炭水化物の組み合わせが多く、甘いおやつもたくさん出てきたそうです。

その結果、辺見さんは20キロ増えて、52キロから72キロに太ったと言っています。

こうした中で、三億五千万円も取られて、もうこれ以上お金を用意できなくなった辺見さんに、仕事を復帰しなさいと言いました。

復帰する数か月前から、Aは辺見マリさんに今度は痩せなさいと言ってきて、復帰のために20キロ減量したそうです。

そして、復帰に関してもぬかりなかったそうで、辺見さんの新マネージャーにはAの兄がついたのだそうです。

なぜかというと、辺見さん曰く、Aがやらせたい仕事をさせるためや、仕事場で辺見マリさんを監視できるためだったと言います。

まず、Aから言われた仕事は自叙伝の出版で、そのタイトルは「空白の1095日」だそうですが、この自叙伝に関しては全くの嘘がAの指示で書かされたそうです。

でも、その自叙伝の売上も、すべてAに使われたようです。

さらには、Aは、辺見マリさんが20キロ痩せたことを利用してか、ダイエット教室をしようと指示しました。

ダイエット本を出版して、ダイエット教室を開いてみると、予想以上にたくさんの生徒さんがたくさん来てくれたのだそうで、生徒さんらはAが設定した高額な入会金100万円を払ったのだそうです。

辺見マリさんは、実際に痩せた実体験を話して、生徒には感謝されたのだそうで、この仕事に関しては生きがいを感じていたのだとか。

しかし、そんな矢先に、Aは生徒の入会金2000万円を持ち逃げしました。

画像


そして、性懲りもなく、Aは海外から連絡してきて、またお金を送ってくれと要求してきたそうですが、そこで辺見さんはAと初めて大喧嘩したそうです。

その後、警察に捜査を依頼したけれども、未だにAの居所もKの居所もわからず、解決していないのだそうです。

辺見マリさんがこの番組で話した件について、最後に専門家の方が話していたところによると、最初に近づいてきたKも、そして最初はKの信者という立場で、Kが失踪した後には拝み屋の立場に変わったAも、男性マネージャーも、全員がグルであったと考えた方がいいと言っていました。

なぜAは最後にお金を持ち逃げして、海外からお金の要求をしてきたのでしょうか。

もしかしたら、この騙すグループは初めから騙してお金をとった後、どこかの時点では騙していたことがバレないように逃げるつもりであって、さらにはもう最後の時にはAは居場所を追えないようにしていたのなら、わざとAがやったとばらすことで、もう追及できないんだと思わせて、ずっと逃げるつもりだったのだろうかとも思いました。






辺見マリさんは、「囲い込み」をされた後の方が、取られたお金の金額も多いのではないかと思います。

この「囲い込み」は、X JAPANのToshlが洗脳される際にもされていましたし、またオウム真理教に入信した信者もまた同じであると思います。

画像


X JAPANのToshlはデビューしてからわずか4年後、Toshlさんが主役を務めるミュージカルのオーディションで恋人役に決まった女性Kと親しくなり、その後、Toshlさんはその女性Kと結婚するのですが、女性KはToshlさんに「X JAPANを脱退するべきだ」と言いました。

Toshlさんはそのアドバイスに従い、ついにX JAPANを脱退して、バンドの仲間や家族との関係を断絶することになった点は、辺見マリさんが芸能界を引退させられて囲い込まれたのと同じようなやり方ではないかと思います。

そして、X JAPANを脱退させた後、元妻KはToshlさんを自称ミュージシャンMが主催するセミナーに連れていきました。

こうして、Toshlさんも完全に囲い込まれてから、このMが主催するセミナーで多額のお金を奪い取られていきました。

画像


また、オウム真理教に入信した信者についても、その信者の一人である土屋を例に見てみると、オウム真理教のセミナーに参加してからおよそ4か月ほど経った頃、修業が足りないからと言われて、教団が勧めるままに30万もするセミナーに参加したり、また10万もするテープを購入したりしたそうです。

それらは教団側に借金して契約したそうで、膨らんだ借金を返すために、アルバイトに明け暮れる日々を送っていたと言われています。

次第に土谷が大学院にも行かなくなっていた頃、オウム真理教は選挙に出馬して、もちろん惨敗したのですが、そのことについて麻原が”こんな得票数は有り得ない、やはりオウムは国家に弾圧されている”と信者らに言っていたそうです。

そして、閉鎖的な生活をしていた信者らは、社会を敵視した反社会的な考え方になっていったと言われています。

オウム真理教に入信した土屋も、オウム真理教に入信して、大学院に行かなくなったことを囲い込まれていると考えるなら、その後、次から次にセミナーと称してお金を取られていき、さらには外からの情報を遮断させられる閉鎖的な生活を送らされていたようです。



男性マネージャーが初めから騙していたにせよ、おそらく辺見さんにとっては男性マネージャーよりも、拝み屋KとAの身元はそれほど知らされてはいなかったのではないかと思います。

また、X JAPAN Toshlについても、女性Kと結婚していたにもかかわらず、その女性Kはセミナー主催者Mやその関係者らと共同生活をし、Toshlは度々お金を要求されていたそうです。

そうした状況の中で女性Kの両親に会って、どういうことなのか聞いてもいいところを、Toshlさん一人で女性KやMに対応している点から、もしかしたら女性Kの両親がどんな人だかほとんど知らされてはいなかったのかもしれないとも思いました。

さらに、オウム真理教に入信した土屋についても、オウム真理教の幹部やよく関わる信者らの名前は把握していたかもしれないけれども、どこの出身だどか身元をそれほど知らされてはいなかったのではないかと思います。

辺見マリさんの場合は、最初は男性マネージャーのように住所も分かるような人が近づいて騙し、次第に身元がよく分からない人たちで囲い込むことで、仮に騙していることがバレても、それ以上追及させずに逃げるという方法かもしれないとも思いました。

さらに、辺見マリさんは拝み屋KとAと頻繁に関わっていて、Toshlさんも女性Kやセミナー主催者Mと親しくなっていて、土屋もオウム真理教信者と毎日関わっていたように、直接会って親しくなっているにもかかわらず身元が追えない人は気を付けなければならないということが見えてきた洗脳の話でした。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。
気持玉数 : 500
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
81年前の二二六事件・・・、そして辺見マリさんの洗脳騒動、その最終段階「囲い込み」とは!? もも先生のお料理と時事問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる