もも先生のお料理と時事問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 各党の「憲法」に関するマニフェスト・・・憲法改正と日本国憲法無効論=明治憲法復元論の違いについて

<<   作成日時 : 2017/10/17 23:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 500 / トラックバック 0 / コメント 2







画像



衆院選は10日、公示された。午前8時半から立候補届け出の受け付けが始まった。朝日新聞の9日現在の集計では、小選挙区と比例区を合わせた定数465に対し、約1200人が立候補を予定している。安倍晋三首相による5年間の政権運営を問う選挙戦は、「自民・公明」「希望の党・日本維新の会」「共産・立憲民主・社民」による三つどもえの構図で、22日に投開票される。

衆院選は今回から一票の格差を是正するため、小選挙区は「0増6減」、比例区は「0増4減」となり、定数は475から465(小選挙区289、比例区176)へ10減る。

朝日新聞の9日現在の集計によると、小選挙区は約1千人、比例区は約200人の計約1200人が立候補を予定している。1191人が立候補した前回並みとなる。

主な政党別でみると、選挙協力を行う連立与党の自民、公明両党は計385人を擁立。自民党は332人、公明党は比例区を中心に53人を立てる。

民進党議員の多くが合流した希望の党は、日本維新の会と小選挙区でのすみ分けを行い、約200人を擁立。日本維新の会は関西を中心に52人を立てる。

立憲民主党は78人、共産党は243人、社民党は21人を擁立する。共産党の立候補予定者取り下げで、立憲、共産、社民3党の立候補予定者は250近くの小選挙区で一本化された。

各小選挙区の対決の構図をめぐっては、「自民・公明」「希望の党・日本維新の会」「共産・立憲民主・社民」の3勢力から各1人が立候補して争うのは、150超にのぼる。一方、希望の党と立憲民主党が競合するのは、東京を中心に約40となる。





公約については、自民党は、「9条への自衛隊の明記」など、「憲法改正原案を国会で発議する」と盛り込み、「幼児教育の無償化」を打ち出し、消費税増税分を子育て世代への投資に向けて、「全世代型社会保障」を目指すとしている。

公明党は、5日午前に公約を発表し、「幼児教育の無償化」や「私立高校の授業料実質無償化」、消費税率引き上げと同時の「軽減税率」導入を盛り込んだ。
憲法9条については、「1項2項を堅持する」とし、自衛隊の明記については「理解できないわけではない」としつつ、慎重姿勢。

希望の党は、消費税率10%への引き上げの「凍結」と、「2030年までの原発ゼロ」を打ち出す。
憲法は、9条を含めて改正論議を進める姿勢。
また、生活に最低限必要なお金を支給する「ベーシック・インカム」制度の導入も盛り込む見通し。

共産党は、憲法9条への自衛隊の明記について、「改悪に反対」と強調し、安全保障関連法の廃止を主張している。
また、「森友・加計学園問題の徹底究明」と「消費税率の引き上げ中止」、「原発再稼働反対」を掲げた。
日本維新の会は、「現実的な憲法改正」を掲げ、道州制の実現を含めた統治機構改革や、教育の無償化、9条改正も盛り込んでいる。

立憲民主党は、基本的に民進党の方針をふまえる考えで、「教育の無償化」など、「人への投資」を打ち出し、「憲法違反を含む安全保障関連法を前提に、憲法に自衛隊を明記することは認めない」方針。
社民党は、憲法改正に反対する姿勢を鮮明にする方針。

日本のこころは、「日本人の手による自主憲法の制定」や、「統治機構の抜本的改革」などを訴えている。




今回の衆院選は、既存の党に、小池氏が民進党候補者を希望の党から排除するとの発言をした希望の党、それによって行き場のなくなった民進党の受け皿として結成された立憲民主党という新しい党が加わっていますので、どのような選挙結果になるのか、22日に注目ですね。







<憲法改正について>



憲法改正については、各党がそれぞれの公約を発表しており、反対する党もあれば、賛成の党もあるかと思います。

その中でも、2017年5月3日、安倍首相は憲法改正を主張するフォーラムにビデオメッセージを寄せ、憲法改正の具体的な内容について「自衛隊の存在を憲法上に位置づける」などとした上で、2020年の施行を目指す方針を表明しました。

理由は、北朝鮮情勢を始めとして日本を取り巻く環境が大きく変化している中で、自衛隊の存在を位置づけるなどの憲法改正が国民の理解を得やすくなっているとみていることや、長期政権を保ってきた自民党が今年、党総裁の任期を延長し政権が2021年まで続く可能性が生まれたからでした。



日本国憲法は、敗戦後、連合国軍の占領下でGHQに押しつけられた「占領憲法」であると言われており、さらに憲法(成文憲法)を持つ世界188ヶ国のうち、日本の憲法は14番目に古く、一度も改正されていない憲法としては世界最古の憲法のようです。

そもそも憲法は、時代の変化と共に改正されてもいいはずなのに、日本国憲法は約70年間、一度も改正されていません。

その間に、大規模な自然災害、地球規模の環境破壊、安全保障環境の劇的な変化、家族の崩壊、固有の伝統的価値の喪失など、憲法が想定していなかった様々な事態が起きました。

それで、憲法を改正する理由としては、憲法が成立してから長い年月が経っているので今の時代に合わない条文もあること、現行憲法は占領軍の強い影響を受けたものであることなどが言われているかと思います。





〇憲法改正の手続き

画像


それで、憲法改正はどのような流れで行われるのか。

まず、国会議員(衆議院100人以上、参議院50人以上)の賛成により憲法改正案の原案が発議され、衆参各議院においてそれぞれ憲法審査会で審査されたのちに、本会議に付されます。
 
両院それぞれの本会議にて 3分の2以上の賛成で可決した場合、国会が憲法改正の発議を行い、国民に提案したものとされます。法の改正箇所が複数ある場合は、内容において関連する事項ごとに区分して発議(国民への提案)されます。

出席議員の過半数でよい通常の法案に比べ、条件は厳しい。

そして、投票形式をめぐっては、複数の条項を一まとめにして賛否を示す一括投票になるのか、各条項ごとに賛否の意思を示す個別投票になるのか。

「国会法」第68条3には、「前条の憲法改正原案の発議に当たっては、内容において関連する事項ごとに区分して行うものとする」とあり、
日本国憲法の改正手続に関する法律第47条には「投票は、国民投票に係る憲法改正案ごとに、一人一票に限る。」とあるので、
憲法の改正箇所が複数ある場合は、内容において関連する事項ごとに区分して発議され、国民投票では国会で発議した項目ごとに賛否が問われるので、国会で別個に発議されれば国民投票でも別個に賛否が問われるし、一括して発議されれば国民投票でも一括して投票することになるのだそう。

憲法改正の発議について、総務省のホームページhttp://www.soumu.go.jp/に書かれています。



次のような順番で憲法改正の発議がされます。

@国会議員が憲法改正原案を発議する

A衆議院100人以上+参議院50人以上が賛成する

B憲法改正の原案が発議される

C衆議院と参議院の憲法審査会でそれぞれの憲法審査会で話し合う

Dまとまった憲法改正案を衆議院本会議と参議院本会議でそれぞれまた、話し合う

E衆議院議員の2/3以上(現在317人以上)と参議院議員の2/3以上(現在162人以上)が賛成する

F国会が憲法改正を発議する

国民に提案する=国民投票になる

@〜Fまで発議までの流れは、国会で行われます。



・国民投票の期日
国民投票は、憲法改正の発議をした日から起算して60日以後180日以内において、国会の議決した期日に行われます。 また、国民投票の期日は、官報で告示されます。



・国民投票の広報と周知
憲法改正の発議があったときは、当該発議に係る憲法改正案の国民に対する広報に関する事務を行うため、国会に、各議院においてその議員の中から選任された同数の委員(各10人)で組織する国民投票広報協議会が設けられます。

協議会は、憲法改正案の内容や賛 成・反対の意見、そのほか参考となる情報を掲載した国民投票公報の原稿作成、投票記載所に掲示する憲法改正案要旨の作成、憲法改正案などを広報するための テレビやラジオ、新聞広告などの広報に関する事務を行います。
 
また、総務大臣、中央選挙管理会、都道府県及び市町村の選挙管理委員会は、国民投票の方法や国民投票運動の規制、そのほか国民投票の手続きに関して必要な事項を国民に周知することとされています。



・国民投票運動
憲法改正案に対し、賛成又は反対の投票をするよう、又はしないよう勧誘することを「国民投票運動」といいます。

政党やその他の団体、マスコミ、個人 などが、一定のルールのもとに「国民投票運動」を行うことができます。

例えば、投票期日14日前からは、国民投票広報協議会が行う広報のための放送を除 き、テレビやラジオの広告放送は制限されます。





○憲法改正のための手続法ー憲法改正国民投票法

この憲法改正は、1945年の第二次世界大戦終結から米国は6回、フランスは27回、ドイツは60回、イタリアは16回、それぞれ改憲を行っていますが、日本国憲法は1回も改憲されていません。

それは、通常の法律制定は、衆参両院で過半数の賛成を必要としているのに対し、改憲の場合は憲法96条に、「まず各議院の総議員の「3分の2以上」の賛成が必要であり、さらに改憲案を発議して、国民投票で過半数の賛成を得る必要がある」と示されているように、96条の規定が高いハードルとなっていることも理由の一つだと言われています。

日本国憲法は、帝国憲法73条と同じように、96条の改憲規定で「3分の2の壁」が設定されており、容易に改正できないようにしてある硬性憲法であると言われています。

それで改正手続きの条件を解決するためにか、2007年5月14日、憲法改正のための手続法である「日本国憲法の改正手続に関する法律」(以下「憲法改正国民投票法」)が国会で可決・成立し、2010年5月18日に同法が全面施行されました。

●第九十八条 国民投票長は、第九十六条第三項及び第四項の規定による調査を終わったときは、国民投票録の写しを添えて、直ちにその結果を中央選挙管理会に報告しなければならない。

2 中央選挙管理会は、前項又は第百三十五条第六項後段の報告を受けたときは、直ちに憲法改正案に対する賛成の投票の数及び反対の投票の数、投票総数(憲法改正案に対する賛成の投票の数及び反対の投票の数を合計した数をいう。)並びに憲法改正案に対する賛成の投票の数が当該投票総数の二分の一を超える旨又は超えない旨を官報で告示するとともに、総務大臣を通じ内閣総理大臣に通知しなければならない。

第三章 国民投票の効果
第百二十六条 国民投票において、憲法改正案に対する賛成の投票の数が第九十八条第二項に規定する投票総数の二分の一を超えた場合は、当該憲法改正について日本国憲法第九十六条第一項の国民の承認があったものとする。

2 内閣総理大臣は、第九十八条第二項の規定により、憲法改正案に対する賛成の投票の数が同項に規定する投票総数の二分の一を超える旨の通知を受けたときは、直ちに当該憲法改正の公布のための手続を執らなければならない。

国民投票法には、最低投票率の規定が設定されておらず、国民投票の投票率がどんなに低くてもその過半数の賛成で憲法改正は成立します。

例えば、投票率が50%程度でも国民投票は有効であり、その過半数の賛成があればいいとうことで、この場合はわずか25%の有権者の賛成で憲法改正が成立するというものだそうです。





○自民党の憲法96条先行改正案

しかし、憲法改正をめぐる本格的な動きは、国会に憲法調査会を設置するための「国会法の一部を改正する法律」が成立した1999年7月29日以来で、憲法改正の手続法の施行まで実に11年かかったことになります。

こうして改正手続の条件が解決されたとしても、憲法改正の発議要件である「衆参両院の3分の2以上」が緩和されたわけではないということで、憲法改正国民投票法が施行された時から、自民党はまず96条を先行改正させるという方針を表明していました。

例えば、自民党は改憲草案の中で、発議に必要な衆参両院の賛成を「3分の2」から「過半数」に緩和することを打ち出しています。

●自民党改憲草案の第100条

(1)この憲法の改正は、衆議院又は参議院の議員の発議により、両議院のそれぞれの総議員の過半数の賛成で国会が議決し、国民に提案してその承認を得なければならない。この承認には、法律の定めるところにより行われる国民の投票において有効投票の過半数の賛成を必要とする。

(2)憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、直ちに憲法改正を公布する。

草案Q&Aで、「主権者である国民に提案される前の手続きをあまりに厳格にするのは、国民が憲法について意思を表明する機会が狭められる」と説明しています。

安倍晋三首相が12年の政権復帰後、改憲項目としてまず目を付けたのも憲法96条先行改正だったそうで、草案と同様に発議要件を過半数に変えるよう訴えましたが、手続きから変えようとする姿勢が「裏口入学」と批判されて断念しました。

これまで憲法が改正されなかった原因について、安倍首相は以前、国民の間で、憲法に指一本触れてはならないんだという気分が醸成されていたことと、憲法96条の存在をあげて、「国会議員の3分の1の反対が、国民投票で議論する機会を奪う。もし国民の6割7割が望んでいても、それを拒否してしまうのはおかしいだろうと思うのが普通だろう。そういう意味では96条は改正すべきだと思う」と述べました。

憲法96条は各議院の総議員の3分の2以上の賛成と国民投票で過半数以上の賛成がないと、憲法改正できないと定めたものですが、自民党が提案した憲法96条先行改正は国会による憲法改正案の発議の要件を衆参各議院の総議員の「3分の2」から「2分の1」に緩和しようというものです。

もうすでに国民投票法では投票された有効票のうちの過半数でよいと緩和されているので、さらに憲法96条の発議の要件も緩和するということになれば、少数の賛成での改憲成立ということにもなるというメリットもありますが、逆に改憲しやすくなったことで一部の人にとって都合がいいように改憲することに乱用されるのではないかという懸念も浮かんできます。

ですから、憲法改正が行いやすいように憲法96条が改正されることは、良い面と悪い面の両方があるのではないかと冷静に見なければならないなと思っています。







<日本国憲法無効=明治憲法復元>



安倍政権が進める憲法改正は、現行の憲法は有効だと認めた上での改正です。

でも、現行の憲法は「無効」だという考え方があることも忘れてはならないと思います。

19世紀までの世界は、西ヨーロッパ諸国が各国を植民地化していた中で、日本は明治維新によって1889年にアジア初の近代憲法である「大日本帝国憲法」を公布し、翌年に施行しました。

第一次世界大戦後には三大国(英米日)にまで上り詰めましたが、第二次世界大戦で敗戦すると、1946年に「日本国憲法」が公布され、1947年に施行されました。

 



〇無効である理由「押し付け」

マッカーサーが新憲法制定を急いだ背景には、1945年12月にイギリス・ソ連・アメリカのモスクワ外相会議で極東委員会の設置が決まり、1946年2月下旬に極東委員会が発足した後には、憲法改正に対するGHQの権限が制限されることになったというのがあると言われています。

しかし、なぜ憲法改正に対するGHQの権限が制限される前に、軍司令部は新憲法草案を作りたかったのか。

この頃、極東委員会内部においてはソ連による「君主制廃止提案」を通す見通しが強くなっていたので、GHQとしては仮に日本に君主制がなくなると、日本が共産主義の国となり、極東におけるアメリカの防衛戦線が崩れると考えたのではないかと言われています。

同じ戦勝国だけれども、共産主義圏のソ連が日本を占領してしまう前に、自ら憲法を作り上げてしまいたかったということになるのかと思います。

このように、マッカーサーはソ連側の君主制廃止提案を抑えて、早急に明治憲法に根本的な変革を加えるために、日本側の憲法改正案を意に沿わないとして全面的に却下、その代わりに軍司令部の民政局を中心とする日本憲法草案起草班がおよそ一週間で作り上げた憲法草案を日本政府側に交付させることに至ったようです。

そして、2月13日にマッカーサー草案を日本側に提示した際、ホイットニー民政局長は松本大臣に対して、「この改正案(=マッカーサー草案)を受けいれなければ天皇の地位を保証することができない」と通告しました。

当時の内閣書記官長楢橋渡氏は、次のように言っていたといいますー「私が当時内閣書記官長として責任者の立場にあったからよく知っている。マッカーサー憲法草案を受諾する意志はなかったが、この草案をそのまま呑まないと、ソ連では君主制を全然廃止する日本国憲法を作りつつあるから、それまでにこの草案をのんでしまっておくように、という占領軍総司令部からの通告があったので、止むを得ず、天皇制を兎も角も何らかの形で護持したいつもりで、その占領憲法を呑んだ」

このような発言からも、当時の内閣としては、新憲法にどのような表現がされようとも、天皇制は残して、それによって国体を護持しようと判断したのか、象徴であったとしても天皇制が持続するならば、ソ連側による君主制廃止提案よりはましではないだろうかという、”そうせざるを得ない事情”ともいうべきものがあったのだろうとも理解することはできまるでしょうけれども、現憲法は押し付けられたと捉えることができるかと思います。





〇無効である理由「現行憲法が明治憲法に違反している」

明治憲法の第75条には、「第75条 憲法及皇室典範ハ摂政ヲ置クノ間之ヲ変更スルコトヲ得ス」と示されています。

当時、天皇は占領によって統治の大権を遂行できない状況に置かれており、マッカーサー元帥が摂政として天皇に政治上の助言などを与えていた期間ですから、このような期間に憲法を改正することは、明治憲法の第75条「摂政を置くの間之を変更することを得す」に抵触していると解釈することができると思います。

こうして、第75条にも抵触しているにもかかわらず、この新憲法を合憲のように装って罷り通るようにされた、或は当時の多くの国民も政治家も認識していたけれども、当時は占領されていた時期ですから、そのようなことを講義するならば、戦争犯罪者として巣鴨プリズンに送られたり、追放された可能性があるので、ほとんどの人が偽装と知りながら、抗議する自由もなかったのではないかと思います。

けれども、サンフランシスコ平和条約終結によって、占領行政が終結したのですから、占領期間中に制定された新憲法は「無効」になったと捉えていいはずだという解釈が「日本国憲法無効論」です。





〇無効である理由「議会の時計を止められて成立した現行憲法」

当時の帝国議会の貴族委員の方たちは、この憲法を通過させるつもりはなかったようで、だからといって占領軍反抗していたら、政治追放されたり、戦犯裁判にかけられる恐れがあったので、時間をかせいで、審議未了で流してしまうつもりであったそうです。

ところが、1945年10月6日、帝国憲法の改正審議の最終日、24時の5分前に帝国議会の時計が停まってしまいました。

これは、議会の進行を見ていた占領軍の人たちが、審議未了でマッカーサー草案による新憲法が廃案になることを阻止するために、すべての時計を停めたそうです。

時計を停めたことによって、可決させることを強要したと言われています。

こうして、ハーグ陸戦条規第43条「国の権力が事実上占領者の手に移った上は、占領者は絶対的な支障がない限り、 占領地の現行法律を尊重して、成るへく公共の秩序及生活を回復確保する為施し得へき一切の手段を尽すへし」に違反しない様相を装うために、日本が自主的に憲法改正をしたという形式をとらせようと、本当は明治憲法に抵触しているにもかかわらず、マッカーサー草案が明治憲法の第73条の手続方法によって時計を停めることで半ば強引に可決されました・・・





〇日本国憲法無効で明治憲法に復元するメリット

例えば、催眠術が流行り、催眠術を悪用した事件も起きた明治・大正時代の明治憲法第28条には、「日本臣民は、安寧秩序を妨げず、かつ、臣民としての義務に背かない限りにおいて、信教の自由を有する。」とあります。

現行憲法では信教の自由が何人に対しても保障されているというのはいいことなのかもしれませんが、次の被害者を出すような団体があることを踏まえれば、明治憲法第28条にあるように周りとの秩序も考えた上での信教の自由が望ましいのかなと思い、この明治憲法を作成した人たちにも深い知恵があってのことだったのかなとも思います。



明治憲法の第29条には、「日本臣民は、法律の範囲内において、言論、著作、印行、集会及び結社の自由を有する。」とあります。

オウム真理教で国家に弾圧されているとして閉鎖的な生活をしていた信者らは社会を敵視した反社会的な考え方になっていったそうですから、単に信者同士が集まっていたのではなく、国家転覆を目論んでいたということなのでしょう。

現行憲法で結社の自由が保障されていることは自由でいいことかもしれませんが、オウム真理教に関する事件を踏まえて考えるなら、明治憲法第29条で結社の自由が「法律の範囲内」という条件付だったことは、国家転覆を目論む団体が出てきた場合も想定した上で作られたのではないだろうかと思います。

自由が認められているのは、とても理想的でいいことかもしれないけれど、その自由を悪用して国家転覆を目論む団体、一家を狙ってコントロールする人たち、勧誘された人が次の被害者を出す団体があることを踏まえれば、明治憲法において法律の範囲内で結社や信教の自由が許されていたことに深い意味合いが込められているし、国家全体の調和を考えれば良い点もあると思います。



また、憲法9条についても、今までの政府見解では9条1項2項だけでも自衛隊は合憲になっていました。

自衛権は「独立国である以上、その国が当然に保有する権利」であり、自衛隊は「(自衛目的で)必要相当な範囲の実力部隊」として合憲だとしていました。

さらに、2015年には平和安全法制関連法案が施行され、自衛隊の派遣が可能となる6つの事態のうち「存立危機事態」では集団的自衛権の行使が可能となり、自衛隊の武力行使も認められました。

こうして、個別的自衛権も集団的自衛権も認められている中で、安倍首相は憲法9条1項、2項を残し、3項にに自衛隊を明文で書き込むという案を明らかにしました。

今の北朝鮮情勢などを考えると、納得している人もいると思いますし、一方で9条1項2項をそのままにして3項を創設すると、戦力を保持しないと規定しながら戦力で ある自衛隊を明文で認めるという矛盾が生じるというので、反対の意見をもつ人もいると思います。

けれども、日本国憲法無効で明治憲法復原という選択肢ならば、明治憲法には戦力を持つなと明記されていないので、矛盾という問題点も解消するのではないだろうかと思ったりしています。







<70年代、護憲派に廻っていた社会党の本当の狙いとは・・・>

画像


戦後、社会党や共産党の人たちが現憲法を護る護憲派に廻っていたのは、決して永遠に現憲法を護持したいというのではありませんでした。

その社会党は今はなくなっているけど、その後、日本社会党が改称して民社党が発足し、旧社会党の議員を中心とするグループは民進党(旧民主党)に合流したので、なくなっているわけではないと思います。

また、この頃の社会党は同じ社会主義のソ連や中共と繋がっていたけれども、そのソ連が崩壊した今ではどこと繋がっているのかというと、ソ連の部下だった北朝鮮と繋がっているということになります。

今の憲法は、思想の自由・表現の自由・団体でいくら争議してもよいという団体争議権というものを認めていて、社会党や共産党の人たちが国家を変える革命運動をどんなに推し進めても、それを止めることが出来ないように作られているので、護憲に廻っているのだと思います。

そうした点を踏まえると、社会党や共産党の人たちが革命による国民政府を樹立するまで現憲法を護っていこうというのは、結局のところ革命準備の為の憲法を保存しておこうということであり、革命が成就するまでそれを保存しておきたいから護憲であって、実際にいつまでもそれを保持したい・いつまでも象徴としてだけの天皇でもよいので保存したいというような気持は決してないと思います。

ですから、今の国会の議席が半数以上を社会党或いは共産党その他革新派の政党の人たちが占めることになったならば、国民の総意によって天皇の地位というものは廃せられてしまい、そして天皇制なき新たなる杜会主義憲法がそこに作られるということになる危険を現憲法は孕んでいると考えることができるかと思います。



共産党にせよ社会党にせよ、1970年の安保改定か継続かという境目の年を契機として、日本を革命に持っていくことを計画していたそうです。

1959年から1960年、1970年の2度にわたって、社会・共産の両党や総評等の労組が中心となり、サンフランシスコ講和条約と同時に締結された日米安全保障条約の改定、対米従属の軍事同盟反対、基地強化反対等に反対して取り組まれた安保闘争が起きました。

安保条約を単にアメリカ軍に基地を提供するための条約から、日米共同防衛を義務づけたより平等な条約に改正するものであった岸首相が帰国し、新条約の承認をめぐる国会審議が行われると安保廃棄を掲げる日本社会党の抵抗により紛糾した。

軍備があるのが戦争誘発だと考えて、日本の威厳をなくして丸腰にならせようとするのは、日本の軍備をなくして、赤児の手をよじるように、日本をソ連の手籠めにさせるための陰謀だと考えることができます。



では、社会党や共産党の人たちが推し進める革命というものが、何をもってうまくいいたと捉えるのでしょうか。

例えば、日本でもし或る外国からこの革命を企画する或る団体のメンバーに何千挺かの武器が供給されて、そして革命の闘士が立ち上って内閣を占領し大臣を軟禁して、放送局、新聞社を占領して、「革命政権は樹立された。今迄の政府が革命政府に政権を譲り渡した」ということを、新聞、ラジオ、テレビ等によって報道すれば、革命がそこに成就してしまうという可能性もなくはないと思います。

その場合に、現憲法では自衛隊は総理大臣の指揮下にありますから、革命新政府が出来たり、北朝鮮と繋がっている議員が多い政党の総理大臣が出来たら、自衛隊は革命軍或は北朝鮮と繋がっている政党の指揮下にある軍隊になるという危険性も考えられるかと思います。

時の政府の支配下にあるということになれば、共産党政府になったり社会党(現民主党)政府になったらその支配下に自衛隊は入ってしまいますから、日本を護る軍隊ではなくて革命軍に味方する軍隊、北朝鮮に味方せざるを得ないという恐れもあるでしょう。

しかし、日本国憲法無効を確認して、明治憲法に復元し、日本国の軍隊は天皇陛下の統師権のもとにあるとしてはっきり天皇の軍隊であるというようにしておくならば、革命新政府や北朝鮮と繋がっている議員が多い政党の配下に自衛隊があるという事態を防げるメリットもあるかと思います。

今はそのような革命は可能性としては低いように見えるかもしれないけれども、ずっと将来のことを考える時、国防軍の統帥権が天皇にあると云う憲法に復元して置かなかったならば、この日本国を将来革命の時に護ることが出来かねる事態もあるかもしれないので、現行の日本国憲法の無効を宣言して、そして明治憲法が既に生ぎていることを宣言することができるという選択肢を私たち日本人は知っているべきだと思います。



また、自民党が自主憲法制定ということを看板に掲げているけれども、今の憲法を生きているとして自主憲法を制定するためには、憲法改正の手続上国会の総議席の3分の2以上を占める議員が賛成しなければ今の憲法を変えられないということになっています。

幾ら自主憲法を作ると言っても、現憲法が生きているのでは、議員の数の上から出来ない可能性もあるかもしれません。

そこで、今の憲法は押しつけ憲法であってこれは本来無効の憲法であるとう事実を明らかにして、その無効を宣言するという選択肢もまだ残されていると思います。

戦後すぐの頃は日本国憲法無効論・復元論について議論されていたのに、現在ではその考え方が私たちの思考から消し去られて、憲法改正か憲法を護るかだけの二者択一のようになっているのは、まるで催眠術をかけられた人が「6」という数字だけ飛ばしてしまうと暗示されると、覚醒後「6」だけ飛ばして数字を言うように、国民全体が復原論を忘れるように誰かに健忘暗示をかけられたかのようだと感じてしまいます。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。
気持玉数 : 500
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
のんたろう
2017/10/18 19:28
もも先生
2017/10/19 13:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
各党の「憲法」に関するマニフェスト・・・憲法改正と日本国憲法無効論=明治憲法復元論の違いについて もも先生のお料理と時事問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる