もも先生のお料理と時事問題

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本人の肩書きそのものを盗む拉致・・・北朝鮮工作員の拉致実行に協力した日本国内の協力者とは

<<   作成日時 : 2018/06/25 11:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 500 / トラックバック 0 / コメント 0




画像



トランプ米大統領は、米朝首脳会談後の記者会見で、日本人拉致問題について「共同声明に盛り込まなかったが、(会談で)取り上げた。安倍晋三首相の最重要課題でもあるからだ。これから彼らが取り組むことになる」と述べた。

安倍首相は同日夜、トランプ氏と電話で会談し、米朝首脳会談の説明を受けた。電話会談後、首相公邸で記者団に「拉致問題について米朝首脳会談で取り上げていただいたことに感謝申し上げた」と述べた。

トランプ米大統領は、金正恩との会談後、非核化の費用について「韓国と日本が北朝鮮を支援する」と述べた一方で、トランプ氏は首脳会談で正恩氏に拉致問題を提起し、報道によれば、正恩氏に「安倍晋三首相は拉致問題を解決しない限り、支援には応じない」と述べたという。

米朝首脳会談でトランプ米大統領が拉致問題に言及したことを受け、日本政府は安倍首相と北朝鮮の金正恩との首脳会談実現に向けて動き出した。

9月にロシアで開かれる国際会議の際に開催する可能性が報じられている。

米朝首脳会談への評価は様々だが、北朝鮮はトランプ氏から斬首作戦の停止を取り付け、安倍首相から経済支援を取ろうと考えて、日朝首脳会談に応じたと言われている。

拉致問題は解決へ向け進んでいくのだろうか、そして拉致問題とは一体何なのだろうか。







●共同声明に盛り込まれていないけれども、非核化の枠組みの中に入れられた拉致問題


画像



拉致問題について共同声明に盛り込まれていないけれども、今回の米朝会談でトランプ大統領が8人を返せとか、北が全員死んでいましたでは困るのであって、これは日本が取り組まなければならない問題なのだと思います。

安部首相は「トランプ大統領は私が言ってほしいことを言ってくれました」と言っており、報道によるとアメリカは、「北朝鮮が核をやめなければ軍事的圧力をやめない、しかし核をやめるなら日本が金を出すと言っている、けれども日本が金を出す条件は拉致問題を解決することであり、そうでなければこの取引は成立しない」という取引をしたようです。

1994年の村山政権の時は、米国の圧力と日本のお金は拉致問題に全く使えず、拉致問題が条件に入っていないのに、日本は5億ドル出してしまいました。

そして、2002年の日朝首脳会談では、小泉純一郎首相(当時)が北朝鮮の平壌を訪問し、金正日と会談。

当時の元北朝鮮外交官・太永浩によると、小泉首相は拉致を認め被害者を帰国させれば100億ドルを払うとしていたそうです。

その席で北朝鮮側は、日本人13人を拉致したことを認め、金正日総書記自らが日本人拉致事件について、「遺憾なことであり率直におわびしたい。私が承知してからは関係者は処分された」と述べました。

この時に、「死亡」したとされる8人に関する「死亡診断書」などの情報を提出したけれども、これらはすべて捏造であったことを2004年の日朝実務者協議で認めました。

結局、日本は拉致問題は5人が一時帰国しただけで満足して、死亡を認めようとし、その上、多額の金を出す約束をしてしまいました。

先月の6カ国協議でもそうですが、北朝鮮は2008年を最後に中断している北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議に触れ、「日本は10年前にも多国間外交の枠組みの中で『拉致問題』を持ち出して邪魔をした」 などと非難するとともに、「国際社会から『同情』を引き出して過去の清算を回避しようとしている」などとして、日本に過去の清算を行うよう改めて要求しました。

つまり、日本が拉致問題について言及すると、北朝鮮は核を止めるという国際的な努力に日本が邪魔をしている、もう話はまとまったのだから日本は金を出せばいいと言ってました。

しかし、今回の米朝首脳会談では、トランプ氏の圧力はかけるが自分の財布は使わないという取引の考え方と、拉致問題を非核化の枠組みの中に入れるという安部首相の戦略が一致し、国連安保理が制裁をかけている核問題の中に拉致問題が組み込まれました。

だから、この次は私の番だと安部首相が言っていましたが、金を出すのは日本が満足するような解決をしなければ金を出さないのであり、トランプ氏が金を出せと言っても、解決しなければ出さないようにもできるのであって、そういう点でもトランプ氏に拉致問題を取り上げてもらうのではなく、日本と話せと言ってもらうのが日本の戦略だったということで、日朝首脳会がそれに当たるかと思います。

今は犯人が人質をとっているわけだから、犯人を先に捕まえるというわけにはいかないので、犯人とお金の話をするというのもおかしな話だけれども、わずは見せ金も使って取り戻す、その条件はすべての拉致被害者を帰国させるということなのだと思います。

2004年5月に「再調査」を約束しましたが、その結果として出してきたのがめぐみさんのものと称する偽遺骨などで、すべて捏造したものでした。

今、アメリカは北朝鮮に「トランプ大統領は金正恩を信頼した」と言っていると発表しましたが、これはとても怖い話であって、”信頼を裏切れば何するか分からないぞ”ということであり、その枠組みの中に拉致問題は入っているので、”日本の安部もそうだ、金払うと言っているが、殺した遺骨なんか出してきたら、何するか分からないぞ”ということを思わせながら、まだ話は続くと思いますが、今後はどうなるのでしょうか。

2014年5月に、スウェーデンのストックホルムで、日本と北朝鮮の政府間協議で北朝鮮は「拉致問題は解決済み」としてきた立場を改めて、「特別調査委員会」を設置し、拉致被害者を含む日本人行方不明者の全面的な調査を行うと約束したのと引き換えに、日本政府はその代わりに独自の制裁措置の一部を解除することで合意しました。

しかし、2016年2月、北朝鮮による核実験と弾道ミサイルの発射で、日本政府が再び独自制裁を決定すると、北朝鮮は調査中止と特別調査委員会の解体を一方的に発表しました。

ストックうホルム合意の失敗は、金正恩が全員を返すという約束をしていないのに、合意を結んでしまったことです。

気をつけなければならないことは、何人かだけ帰ってくるとか、ストックホルム合意に戻って報告書を貰えとか、日本だけ乗り遅れているから早く首脳会談をやれとか、また北朝鮮に騙されるということがないようにしなければならないと思います。









●北朝鮮の拉致は北朝鮮の工作員だけで実行したのではなく、日本国内にも協力者がいた





拉致の多くは海岸から不法侵入してきた北朝鮮工作員によって実行されました。

拉致の目的については、北朝鮮工作員が韓国はじめ各国に容易に潜入するために拉致した人の日本の戸籍を奪い、日本人パスポートを偽造し、日本人の肩書き自体を乗っ取ることが目的だったそうです。

しかし、訓練された北朝鮮の工作員といえども、日本国内の状況は知らないため、彼らだけで拉致を実行するのは不可能であって、当然日本国内に協力者がいたはず。

そこで、拉致事件の中でも、一番情報がある原さんの拉致事件を見てみると・・・


画像



1980年初めに、姜海龍(カン・ヘリョン)・辛光洙(シン・グァンス)は金正日から「日本人を拉致し、北に連れてきて日本人の身元事項を完全に自分のものにして、日本人として完全変身した後、在日対南工作任務を継続して遂行しなさい」という指示を受け、4月シン・グァンスは北朝鮮南浦港から工作船で出発、日本の宮崎県日向市の海岸にて密入国した。

北朝鮮は拉致をする日本人ターゲットについて、独身で身寄りがないこと・逮捕歴がなく・パスポート発給歴がないこと・年齢は45から50才くらいの条件を定めていた。

シン・グァンスは、以前から日本国内での工作活動に従事していた朝鮮総連大阪商工会会長(当時)の李吉炳(イ・キルビョン)に拉致するのに適当な人間がいないか持ちかけ、李吉炳は以前から信頼していた同商工会理事長(当時)の李三俊(イ・サムジュン)に相談した。

李三俊は1931年生まれの在日朝鮮人で、大阪市天王寺区で中華料理店「宝海楼」を経営していた。

李三俊は自身の経営する「宝海楼」の従業員の原敕晁が「前科もなく、独身で身寄りもなく、海外旅行の経験もなく、借金もなく、銀行口座もない」という理由で適当であると考え、原敕晁の住民基本台帳と履歴書を李吉炳に渡した。

原敕晁は1936年長崎市に出生し、56年に長崎市立商業高校を2年で中退、事件当時は43歳でだった。



1980年6月、辛光洙と李吉炳は大阪梅田の「明月館」で会合を持ち、原敕晁を北朝鮮に連れ出すべく李三俊と大阪朝鮮民族学校校長(当時)の金吉旭(キム・キルウク)に計画を打ち明け、協力を求めた。

その数日後、大阪駅付近のフグ料理屋で辛光洙・金吉旭・李三俊・李吉炳で会合を持ち以下のような拉致計画を立てた。

新しい仕事を紹介するとい設定で、それぞれの偽装の肩書は、李吉炳が貿易会社社長役、辛光洙が同会社の専務役、金吉旭が同会社の常務役に偽装し、原敕晁を面接して新入社員として採用するというものだった。

なんと、原さんを架空の会社に入社させると騙して、目的の場所まで誘き寄せる作戦をとった。

その後、社長役の李吉炳の別荘が宮崎市青島海岸の島にあるという設定で、正体がばれずに原敕晁を宮崎市青島海岸に連れ出す。

大阪から宮崎に連れ去る時には、原さんが勤める中華理療店の店主・李三俊と原敕晁のグループと金吉旭・辛光洙と別のグループで移動し、青島の青島橘観光ホテルのロビーで落ち合って、辛光洙グループが原敕晁を目的海岸に連れ出すというものだった。

原さんを騙すためだけに、緻密な設定をし、偽装面接までセッティングするという大仕掛けをしたのだ。



辛光洙は1980年6月中旬、大阪市天王寺駅前の公衆電話から李吉炳に「夜7時から原敕晁を宮崎に誘い出し、拉致する計画を実行を移す」ことを通告。

大阪市内の料亭で金吉旭・辛光洙・李三俊・李吉炳・原敕晁が集まり飲食をし、事前の計画通りに、 李吉炳が貿易会社の社長に偽装して原敕晁に対する新入社員の面接するかのように演技をして、その場で偽の内定を出し、お祝いとして必要以上に酒をふるまったという。

社長役の李吉炳が、「私は時間がないので、君達だけでこの金で旅行でもして、数日後に私の海岸の別荘でまた会おう」と言って、100万円を辛光洙に渡して席を外すと、残った者が原敕晁に酒を大量に飲ませ、事前の計画通り、李三俊が原さんを外に連れ出した。

大阪駅から別府経由で翌日に宮崎県の青島に到着すると、夜、青島橘観光ホテルのロビーで先に着いていた李三俊と原敕晁に会い、打ち合わせ通り辛光洙がすでに夕食時に酒を飲んで泥酔状態の原敕晁に散歩に行こうと誘い出した。

辛光洙と金吉旭が原敕晁と海岸の松林を通って、犯行現場である青島海水浴場の北端の川に流れる場所に到着すると、上陸して潜伏していた北朝鮮の戦闘工作員4名を社長の船を持ってきた人達だと安心させて、相手を殴って瞬間的に気絶させたら、強力な麻酔薬を使って眠らせ、ゴムボートに乗せ沖合に来ていた工作船に原敕晁を移した。

李三俊はホテルを出る際に、勘定を払う振りをして辛光洙・金吉旭と離れていた。

その後、辛光洙は原敕晁を連れて工作船で北朝鮮に向かい、1980年6月17日に工作船は北朝鮮南浦港に到着した。

原敕晁を平壌近郊の招待所に監禁して、辛光洙らは原敕晁から人的事項・学歴・家族事項・過去の生活・中華料理法などを尋問して熟知し、辛光洙が原敕晁に変身した。



シン・グァンスが原さんを拉致したのは、北朝鮮にとってもっとも重要な目的があったからだった。

1980年11月、原さんの拉致から5ヵ月後、シン・グァンスは東京に潜伏していたが、それは本当の目的を実行するためだった。

免許証に載せられた写真はシン・グァンスの顔写真、しかし名前は原敕晁なっており、原さんを拉致した目的は存在自体を乗っ取るため、日本人の肩書きそのものを盗むためだった。


画像



免許証以外にも、原さん名義の印鑑証明や年金手帳、健康保険保証、パスポートまで取得していた。

拉致をするターゲットの条件をこと細かに指定していたのも、当時41歳だったシン・グァンスが原さんに入れ替えるための絶対条件だった。

そして、その条件の一つに身寄りがないこととあるのは、成りすましが発覚しないためだった。

シン・グァンスは北朝鮮に戻っていた5ヶ月の間、何をしていたのかというと、原さんになりきるために学歴や経歴、友人関係はもちろん中華の料理法までも取得し、完全に原さんのコピーになっていた。

こうまでして原さんを拉致した目的とは何だったのかというと、シン・グァンスのスパイ活動はここからが本番だった。

シン・グァンスが原さん名義で取得したパスポートには、モスクワ・香港・バンコクなど数々の履歴があり、日本人の国籍とパスポートを利用し、各地の工作員と連携して、世界中に渡航していた。

しかし、1985年、シン・グァンスは韓国に不法入国して逮捕され、北朝鮮スパイとして死刑判決を受けることになった。

その後、南北首脳会談の合意で2000年9月、当時の金大中大統領の特赦により釈放されて、他の政治犯らとともに北朝鮮に引き渡され、北朝鮮の国家行事に出席して喝采を浴びるなど、本国で英雄扱いされて、記念切手まで販売されていた。

では、原さんはどうなったのかというと、同じく拉致被害者の田口八重子さんと結婚し、1986年に病死したと発表されたが、北朝鮮からはそれを示す証拠は何一つ示されていない。





2006年、原敕晁さん拉致事件で、国外移送目的拐取(かいしゅ)などの容疑で、警視庁は在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)傘下の在日本朝鮮大阪府商工会などを捜索が行なわれた。

元理事長と、故人となっている元会長の商工会幹部2人が、拉致に関与していた疑いが強まったためである。

一連の拉致事件で、警察が国内の協力者を特定して強制捜査に着手したのも、朝鮮総連関係者の名前が出たのも初めてのことだった。

日本人を拉致するには、工作員の活動を助ける国内支援者が不可欠だと思うが、その協力者だという朝鮮総連は北朝鮮の指導下にある団体である。

工作員の密入国事件や不正輸出事件では関係者の関与が判明していて、拉致事件でも総連関係者が重要な役割を果たしていたことが伺える。

主犯格とされる辛光洙は、日本に密入国を繰り返していた73〜85年、原さん拉致に協力した同市の中華料理店主の男も含め、少なくとも16人の在日朝鮮人らからアジトや資金の提供を受けるなどしていたことが警察の調べなどで分かっていったという。

辛の韓国での公判調書や公安部の調べなどによると、辛は日本に密入国する前に工作機関の上司から、大阪市内の在日朝鮮人女性の名前を聞かされ、この女性を協力者に引き入れるよう指示された。

73年7月に初めて日本に密入国すると、まずこの女性を訪ねて、女性宅の2階をアジトとして確保し、近所の在日朝鮮人などを介して在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)関係者に接触。

この関係者から、原さん拉致事件の共犯となる4人を協力者として紹介されたという。



いくら訓練しているからと言っても、土地勘の無い北朝鮮の工作員が日本に来て、誰でも拉致していたらバレてしまいますし、原さんのケースでも分かるように、街中から海岸までターゲットを運ぶにも何人もの協力者を必要としています。

考えてみれば、北朝鮮人が急に日本に来て拉致すると言っても、日本国内に協力者がいないと実行できなかったと思います。

その北朝鮮の工作員に協力したという在日朝鮮人の人たちとは、果たしていつから日本に来ていたのでしょうか。







●在日朝鮮・韓国人が日本に居住した経緯とは・・・





1945年8月に第二次大戦が終わった後、朝鮮人たちは在日本朝鮮人連盟を結成した。

彼らは「第三国人」と呼ばれ、自らを「連合国人」「戦勝国民」と称して、集団強盗、略奪、強姦、殴打暴行、破壊、占拠監禁などを行った。

さらに問題だったのは、戦後、朝鮮半島から多くの朝鮮人が日本国内へ密航してきたことだった。

密航は対馬を起点に漁師、ブローカー、日本国内の密航支援者が手引きしていたとされており、入管当局に見つかれば収容、強制送還の対象となった。

1950年頃の密航船の監視は海上保安庁が当たっていたが、敗戦国の影響のため武装ができず、一方で朝鮮半島からの密航船は武装をしており、密航船の2割ほどしか検挙できない現状を当時の新聞は伝えている。

また、韓国政府は日本が摘発した朝鮮人密入国者の受け入れを拒否するため、強制送還できずに収容所に入れていたが、韓国政府は李承晩ラインにおいて韓国が抑留した日本人の返還条件として密入国者を収容所から解放するよう要求した。

戦後まもなくして来日した彼らは戦後の混乱により、本来は対象者ではなかったが特別永住資格を得た。

1949年に、吉田茂も「在日朝鮮人に対する措置」文書の中で、在日朝鮮人の半数は不法入国者であり、大多数の朝鮮人は日本経済の復興に全く貢献せず、多くは法の常習的違反者であり、共産主義者など政治犯罪を犯す傾向が強く、常時7000名以上が獄中にいるという状態であることを伝えている。


画像



「連合国最高司令官ダグラス・マッカーサー元帥閣下 親愛なる閣下

日本の戦後の諸問題のうち朝鮮人と台湾人に関するものがありますが、彼らはかつて日本国民であり、現在もこの国に依然として滞在しているものです。

ここでは台湾人については、彼らが比較的少数であり、それほど問題を起こしておりませんので、しばし触れないことに致します。

しかし、総数約一〇〇万人、 そのほぼ半数は不法入国者であるところの在日朝鮮人の問題について、 われわれはいま早期の解決を迫られております。

私はこれら朝鮮人がすべて、彼らの生国の半島に送り返されることを欲するものです。

その理由は以下のとおりです。

1.日本の食糧事情は、現在もまた将来においても、余分な人々を維持することを許しません。

アメリカの厚意によって、 われわれは大量の食料を輸入していますが、その一部は在日朝鮮人を食べさせるために用いられています。

これらの輸入は、将来何世代にもわたって我が民族の負債となることでありましょう。

もちろん、われわれはそのすべてを返済する覚悟を固めておりますが、この対米負債のうち朝鮮人のために生じた分まで、将来の世代に負わしむるのは、公正なこととは思えません。

2.これら朝鮮人の大多数は、日本の経済の債権に貢献しておりません。

3.もっと悪いことには、これら朝鮮人は犯罪を犯す割合がかなり高いのです。

彼らは我が国の経済法規を破る常習犯です。

かなりの数が、共産主義者かその同調者であり、最も悪質な政治的犯罪を犯しがちなのです。

投獄されているものは、既に七〇〇〇人を超えています。

戦後今日まで裁判に付せられた、朝鮮人による刑事事件は以下のとおりです。

年次          事件数   朝鮮人関係者数

1945(8月15以降)   5334件  8355人

1946          15579件  22969人

1947          32178件  37778人

1978(5月末現在)  17968件  22133人

合計          71059件  91235人

さて朝鮮人の送還計画としてわたしが考えるのは次のようなものです。

1..原則として、朝鮮人は全て送還され、その費用は日本国政府の負担とする。

2.日本に在住を希望するものは、日本政府に許可を申請すべきものとする。

 在住許可は、日本経済の再建に貢献しうると見なされたものに与えられる。

以上述べました私の考えが、期間によって原則的に承認を得られた場合は、

送還に伴う予算その他の具体的措置について、改めて案を提出いたします。 

敬具 吉田茂」



しかし、この書簡の10カ月後に朝鮮戦争が始まってしまい、送還が不可能になるばかりでなく、更に密航してきて、増えてしまった。

1952年、サンフランシスコ講和条約発効により日本が国家主権を回復すると、朝鮮の独立を承認、日本政府は「朝鮮人は講和条約発効の日をもって日本国籍を喪失した外国人となる」という通達を出し、旧統合地出身者は日本国籍を失った。

1953年に朝鮮戦争は終了。

一方で1950年代から1984年にかけて行なわれた在日朝鮮人とその家族による日本から北朝鮮への在日朝鮮人の帰還事業が行なわれた。

1965年、日韓基本条約が締結され国交が樹立され、この時、在日韓国人1世だけに条約上の永住権が認められた。

後に追加事項として在日2世にも永住権が認められ、条約上の永住者では無い在日韓国人3世も「特例措置」として在住資格が与えられたが、日韓条約に基づく条約永住者ではない。

日韓基本条約は25年ごとに改定する事になっているが、1990年は改定の年に当たっていたが、韓国側は従軍慰安婦や教科書問題などで大騒ぎして協議そのものを拒絶そ、さらに25年後の2015年の改定でも、竹島や従軍慰安婦問題で乖離状態を招き、日韓基本条約改定交渉を拒否した。

日本政府は在日3世以降に「一時滞在を許可しているだけ」であって日韓条約による国際法的な永住権は有していない。



吉田茂がマッカーサーに不法入国者であるところの在日朝鮮人の問題についての書簡を送ったのが1949年で、翌年、朝鮮戦争が始まって、送還ができなくなっただけではなく、朝鮮戦争の戦乱を逃れてきた難民であるとして密航者が増えたそうです。

朝鮮戦争が始まらなければ、吉田茂の書簡にに従って具体的措置が講じられて、朝鮮人は朝鮮半島へお帰りいただくはずであったけれども、翌年にちょうど朝鮮戦争が起きて日本にいることになったということで、この絶妙なタイミングってもしかして在日の方々が日本に残るために朝鮮戦争が始まっていたりして・・・

今回の米朝首脳会談以降、朝鮮戦争終結も近いと言われており、朝鮮半島が統一されたら戦争が終結するので、難民と称する必要も無くなりますので、念願だった祖国にお帰りいただける機会がくるのではないかと言われていますが、今後どうされるのでしょうか。







●北朝鮮のスパイや拉致を行う「統一」戦線事業部と「統一」教会の関係・・・そして統一教会のやり方と同じ予備校の存在





米朝首脳会談で非核化を約束した北朝鮮ですが、北朝鮮にはスパイを送ったりテロをやったり拉致も行う朝鮮労働党統一戦線部という工作機関というのがあり、北朝鮮キリスト教徒連盟は統一戦線事業部の傘下であるという。

70年代から80年代に不自然な日本人の失踪が相次いだのですが、それは日本人を拉致していました。

その目的は、北朝鮮工作員に日本語などを教えるためだったとか言われているけれども、背乗りを目的のために拉致したものが多いそうで、拉致した人そのものにすり替わった朝鮮人が日本などで工作活動を行なうためだったとか。

一方で統一教会は、1964年に日本の各大学や地域で原理研究会を設立。

1967年には、大学のキャンパスで伝道され信者になった学生や青年達が学業や職業を捨てて献身することで家庭問題が多発し、社会的な批判を浴びていたとか。

1968年1月、韓国で反共主義の政治団体と称している「国際勝共連合」を設立し、4月には日本でも「国際勝共連合」を結成。

1982年からは、自己啓発のためのビデオセンターという体裁で伝道と称して洗脳を始め、その後も各地に開設していったそうです。

例えば、統一教会のビデオセンター同様な因縁トークの手法やビデオ学習を取り入れている或る悪徳予備校があります。



@統一教会の契約の迫り方と悪徳衛星予備校の契約の迫り方は同じ

統一教会はターゲットの人に近づくと最初はビデオセンターへの勧誘を言わずに、無料で手相を見ると言って近づいてくる。

手相を見ながら徐々に不安と恐怖を煽って、ターゲットをビデオセンターに連れていく。

そこで、”本気で真剣にやらないと、このままだと大変よ”、”今が転換期であって、これを逃したらもうチャンスは来ないわよ”、”先祖の因縁が影響してくるわよ”、と何時間にも及ぶ因縁トークを展開して契約を迫る。

悪徳衛星予備校も、”無料だからちょっと塾に見学に来ていない?”そう偶然を装って近づいてきた同性の友人から誘われて一度だけ見学に行くと、教えていないはずの自宅に連絡をしてきて、”いつ頃塾に契約に来るのか”と来ることを了承したかのような言い振りで高校生とその親を騙す予備校。

電話に出た親にはありもしない嘘を言う。

電話の話を本気にした親が子供を誘い事務所で会ってみると、その個室で”今が成績が落ちるか下がるかの重要な時期です”、”今を逃したら、成績は上がり難い・・・”、”このままだったら点数は上がらない”、”中学校でできなかったところはそのまま高校でも引き継がれていて、その弱点はなかなか直らない”などなど、何時間にも及ぶ因縁トークにも似た恐怖心を煽るトークが展開される。

こう充分に不安になったところで、契約を迫り、「検討したい」と言っても「今決めないとおそらくお子さんの成績は上がらないし、センター試験にも間に合いません」などと言い、契約を強引に迫る。



Aビデオ学習というやり方、そしてビデオブース、すべてが統一教会のビデオセンターと同じ

80年代から統一教会は自己啓発のためのビデオセンターという体裁で伝道と称して洗脳を始め、その後も各地に開設していった。

統一教会の中にビデオセンターは、ビデオ学習用のビデオブースが何個も壁に並べられており、そのビデオのプログラム一覧には複雑な名称が列挙されている。

悪徳衛星予備校も、ネットに掲載されている統一教会のビデオ教材用のビデオブースと同じ作りがされていて、ビデオ学習というやり方が同じであり、そのビデオのプログラム一覧には複雑な名称が列挙されている。



B統一教会の教祖の持ち上げ方と、悪徳衛星予備校の講師の持ち上げ方

統一教会は、文鮮明というしょうもない人を「文鮮明氏が再臨のメシヤ(救世主)です」とものすご持ち上げ方をしている。

もしかしたらこの人を見て、本当にメシヤなんだと思う人もいるのかもしれないけれども、統一教会と関係ない人から見れば、有り得ないとしか思えない。

悪徳衛星予備校も、変った服装に変った風貌をした講師陣の詳細な情報など開示せず、ものすごいカリスマ講師だとして祀り上げている。

さらに、この悪徳衛星予備校はフランチャイズ方式をとっていて全国に加盟校があり、或る地域の校舎のスタッフは「この講師のこのビデオを見てください」と言い、どんな講師かを聞くと、「そんなことをあなたが知る必要はない、とにかく私の支持に従ってビデオ(DVD)を見ていればいい」と激昂、何の情報も与えないようにする。



といった具合に、「日本人を騙す朝鮮統一教会の騙し方と悪徳衛星予備校の騙し方に同じ点があるよ」という話ですが、次は具体的にその予備校の或る現代文講師のおかしな点を列挙してみます。



1.一番理想の人と結婚するのは何人目なのか問題ー前提となる設定も答えもおかしい。

これを数学的にみて、「一番理想の人と結婚するには何人目って言えないだろうか」となり、その数式を導き出したそうだ。

例えば今20歳として、35歳で結婚するとした場合、出会う人が限られてくるけれども、数学を使えば、何番目に付き合った人と結婚すれば幸せになれるのかが分かると言い、数式を書いて説明。

難しい数式を書き、「最初の37%を見送って、そこからあとに出会った人の中から、一番良い人と付き合ったら、一番理想の人と付き合っている事になる確率が高い」と言い切った。

20歳の女性が35歳に結婚するとして、毎年1人 と出会うことを想定して計算。

最初の6人を見送って、その中から暫定1位を選び、その後に暫定1位を超える人と出会ったら「即、結婚」と導き出した。

しかし、従業員の採用の場合には、受ける側は採用されたくて来ているので、選ぶ側が採否を決定すれば確実に採用されるけれども、結婚の場合は一方がいいと思っても、相手に断られる場合があるので、おかしな理論だと思う。

不思議なことには、今20歳の人が35歳で結婚するとしてという前提ですが、20歳で結婚する人もいるし、色々な人がいるので、35歳という設定がありえない。

頭の中で理想の人を思い浮かべたとしても、何歳で何人に出会おうが、実際には自分が思い描く理想とやらを見るだけではなく、相手が騙す人か騙さない人か、どういう人なのか、結局のところ人を見なければならないので、この考え方には人を見るという考えが欠けている。



2.昔は別に人を騙すような顔ではない、今は騙すような顔をしている。

或るテレビ番組で、この現代文の講師が予備校の前に勤めていた塾の先生が登場。

その塾の代表者の方が、現代文の講師の当時の様子について、大学を出て銀行辞めたという経歴の人が塾に来るってこと自体が非常に不思議なことだったと言っており、塾に勤めていた頃は今と違って非常に優しかったようで、別に人を騙すような顔ではないだろうと思い採用したと言った。

現代文の講師が塾の先生に、それって今は騙すような顔をしているのと聞くと、先生はうんとうなずいた。

昔は別に騙しているような顔ではなかった、ということは今は騙しているということなのでしょうか。







統一教会が、1982年から、自己啓発のためのビデオセンターという体裁で伝道と称して洗脳を始め、その後も各地に開設していったそうですが、朝鮮系のグループが80年に拉致を一旦やめたのも、こうして自己啓発などによって日本の現地人を日本で工作員にして、その日本人工作員で次の日本人をコントロールするためでした。

でも、そのビデオセンターは今は騙していたとバレている、バレているとなれば統一教会のいつものやり方で姿を隠して別の宗教を作ったり、予備校などの教育事業をしてみたりして、日本人の考え方を変えていこうと、コントロールしやすいように洗脳していこうと考えたのでしょうか。

統一教会がビデオセンターで日本人を洗脳する以前に、とりわけ北朝鮮は拉致をしていたようで、その拉致については北朝鮮の工作員がいくら訓練されていたとしても、急に知らない土地に来て、むやみにその辺にいる日本人を拉致していくことはできないはず。

例えば尼崎の連続監禁事件はその首謀者とされる角田美代子の親戚に在日朝鮮人の李正則がおり、在日朝鮮人が本当の角田美代子の戸籍ごと乗っ取ることで角田家に入り、そして言いがかりをつけてその親戚一同を次から次に脅してコントロールし、あのような凶悪な犯行を犯したとも言われています。


画像


主犯格とされる角田美代子元被告(64=当時)を中心とした集団に複数の家族が長期間虐待を受けた事件で、死亡するなどの事態が明らかとなった。

角田美代子は、親子が分断するように仕向けるために、両親を否定させることを紙に書かせたり、自分に忠誠を誓わせる言葉も書かせていたそうです。

さらには、ターゲットの中で序列を作り、角田美代子が自分で手を下すことなくターゲット内でお互いに暴力を振るわせて加害者にすることで、家庭で起きている問題を外に言いにくくし、ターゲット同士が協力できないように分断していました。

こうした家族を取り込む手口を行った角田美代子は、親戚に在日の李正則受刑者が居るので、在日朝鮮人の背乗りではないかと言われていて、在日が角田美代子の戸籍ごと乗っ取り、あのような凶悪な犯行を犯したと言われています。

北朝鮮工作員がボートに乗って日本に密入国し、日本人を拉致したことが事実に違いはないだろうけど、日本の土地勘もなく、何処にどんな日本人がいるかも分らずに、手当たり次第に拉致をしていたらばれてしまうはずですから、北朝鮮工作員に協力した人間が日本におり、日本にいる在日朝鮮人が拉致の手引きをしたと言われています。

おそらく拉致を実行する際、休憩したり・食事を取ったり・武器弾薬の貯蔵場所としてのアジトが必要ですしょうし、誘拐車両も必要でしょう。

そして、誰でも拉致をしたのではなく、条件に合うターゲットを事前に探し出し、尾行や盗聴するなどして、拉致のターゲットとなる人の詳細な情報、通学路や通勤時の誘拐する地点などの誘拐計画も立てたことでしょう。

これら全ての計画を実行することができたのは、日本の土地勘があって日本に拠点を構えて、普段から拉致のターゲットを定めて尾行や盗聴するなどして、詳細な情報収集をすることが可能であるのは、北朝鮮の工作員に協力する日本国内の協力者の存在が大きかったのではないかと思います。

海外メディアが、日本人拉致被害者の遺骨が北朝鮮当局によって管理されているという拉致被害者に関するニュースを報じたけれども、北朝鮮当局によって意図的に流された可能性があるそうです。

北朝鮮は、死亡と主張する拉致被害者8人について返したくないと考えているそうで、これまでも拉致問題を決着させようとした時に、8人が死亡しているという情報を繰り返し発信してきたので、今後も警戒しなければいけない。

これから日朝首脳会談が開催されて、拉致問題がどれくらい明らかになるのか分からないけれども、仮に全員が返ってきたとしたならば、日本に帰ってきたという5人も記者会見をしているのですから、当然”なぜ自分はされて、他の人はされなかったのか”とか、”どうやってターゲットを選んで、どうやってターゲットに近づいたんですか”、”拉致に協力する人はどれくらいいたんですか”という話になれば、自ずと協力者の話になるはずですけれども、今後この拉致問題はどういう展開があるのでしょうか。










月別リンク

ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。
気持玉数 : 500
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像
画像
日本人の肩書きそのものを盗む拉致・・・北朝鮮工作員の拉致実行に協力した日本国内の協力者とは もも先生のお料理と時事問題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる